軍歌を使用した俳句

軍歌に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

軍歌を含む俳句例

先行の不安の鼠軍歌の律/阿部完市

雁淡し夕汐橋にわが軍歌/桂樟蹊子

今になほ軍歌を捧げ葦平忌/矢頭峯子

軍歌がむなし男やもめの寒厨/本田功

軍歌なほ残る縄飛び唄の中/根岸善雄

建国祭軍歌雄々しくて悲し/小澤満佐子

軍歌夜々よぎりて青し芒の穂/加藤楸邨

騎士像に遠き軍歌の薔薇の街/河野南畦

ゆつくりと女の背なにきく軍歌/波止影夫

乃木坂をとよもす軍歌憂国忌/池上いさむ

口ずさみたくなる軍歌紅葉山/鴻巣又四郎

流るる軍歌梅の香を被て手風琴/河野南畦

熱燗の酔ひの手伝ふ軍歌かな/村上としを

目つむりて軍歌と和しぬ葦平忌/小関寛子

羽蟻の夜軍歌猥歌とわかちなし/細川加賀

軍歌過ぎ虫の音垣によみがへる/石塚友二

あれは軍歌苺ケーキのうえ駆ける/伊丹公子

どんぐりの山から山へ夕日の軍歌/櫻井博道

低い融点の軍歌がざぶざぶ来る/林田紀音夫

児の軍歌意味なしなさず寒き落暉/中島斌雄

俳句例:21句目~

凍つる夜のラジオは軍歌もて了る/岸風三楼

初霜や軍歌めくものふと唇に/鍵和田ゆう子

啓蟄や軍歌出でくる地下鉄口/鍵和田ゆう子

梅に酌む唄は軍歌や二度わらべ/山口いさを

秋真昼ねむたく居れば軍歌きこゆ/石川桂郎

蚋子しげき樹間軍歌に誘われゆく/金子兜太

はるばる来て吐き出す軍歌真珠の海/八木三日女

タイトルとURLをコピーしました