遺言を使用した俳句

遺言に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

遺言を含む俳句例

白侘助遺言二十七行半/塚本邦雄

遺言を守る十年や蘭の花/前川素泉

文月や遺言講座覗きみて/斎藤織女

遺言の末尾に花押初時雨/塚本邦雄

遺言を一行書きぬ冬の浜/櫂未知子

遺言のとほりに土葬霜柱/小室風詩

遺言の酒備へけり魂まつり/炭太祇

遺言の酒そなへけり魂まつり/太祇

草という一字の遺言頂かん/安井浩司

遺言となりし電話の咳の声/関口祥子

兵の遺言簡潔に松色変へず/工藤義夫

遺言状読むに相応し榾明り/原田青児

土用波ことば光りて父の遺言/北光星

大屋根に秋の遺言唐寺晴れ/伊丹公子

遺言の書き方蝶の育て方/岡崎るり子

遺言の真ん中にある夏蜜柑/久保純夫

星出づるまで耕して遺言なし/南雲夏

冬桜乏しら咲きに誰が遺言/文挾夫佐恵

遺言のありと流灯向きなほる/汀川虹村

遺言の小さき墓に参りけり/篠塚しげる

俳句例:21句目~

遺言などまだ認めず種を蒔く/岡部幸子

遺言に干柿の礼御近所様/たむらちせい

遺言の骨撒き海の日なりけり/三枝青雲

政宗忌遺言片目を開け放つ/佐藤富美子

遺言状秋ひし~と脱字あり/佐野青陽人

遺言と遺書とのちがひ花沢瀉/塚本邦雄

マラリヤの兵の遺言聞きもして/江本如山

子に語り遺言めくも夜の野分/殿村莵絲子

遺言とせむ咲き満てるこの花野/中村裕治

遺言でも書いておこうか桜散る/佐伯昭市

藤浪はたてひざで泳ぐ祖母の遺言/仁平勝

遺言は句屏風逆さに立てぬこと/京極杞陽

花八つ手長生き詫びる遺言状/しまはへい

遺言状に漬物石のことを書く/横須賀洋子

握り返す手のあたたかみは遺言か/山本芒原

遺言を書かされてゐる日のつまり/山口草堂

遺言とは枇杷の種吐くやうなもの/ふけとしこ

遺言の木の実植ゑたる今年かな/菅原師竹句集

かへりみし浮巣は遺言のやうに/吉本伊智朗「壷折」

タイトルとURLをコピーしました