ふくいくを使用した俳句

ふくいくに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ふくいくを含む俳句例

楢山の馥郁とある福沸/綾部仁喜

山中の馥郁たるは焚火あと/鴻司

寒紅梅馥郁として招魂社/高浜虚子

氷上の一児ふくいくたる暮色/龍太

黴の香の馥郁渋民小学校/矢島渚男

赤坊馥郁と座す花かんば/小池文子

針に糸夜梅馥郁匂ひだす/中山純子

玉霰蓋ありて井戸馥郁と/中尾寿美子

枯れざまの馥郁として国境/草間時彦

歯固や千載の榧ふくいくと/大石悦子

馥郁と内臓はあり春の雪/高野ムツオ

馥郁と流人の島の今年酒/鳥居おさむ

馥郁の時を眠りし実梅かな/金山敦観

馥郁の雲にまぎるる寒鴉/大峯あきら

なつかしき掌のふくいくと花辛夷/原裕

死の街にあらず梅が香馥郁と/山田弘子

茶の花が咲く馥郁といふ言葉/中川志帆

寒卵馥郁と夜を統べむとす/正木ゆう子

椪柑の馥郁たれば充ちゐたり/宮坂静生

桃馥郁病む辺も風の通りみち/成田千空

俳句例:21句目~

梅白くふくいくと土湿りたり/石原舟月

ひと去りてより牡丹園馥郁と/前山松花

ふくいくと夜の息ありし竜の玉/伊藤通明

蘭馥郁たれば我が孫郁と名附く/楠本憲吉

ふるさとの田のふくいくと星月夜/朝妻力

余花の谷木場には濡材ふくいくと/堀葦男

エレベーター開き馥郁と雪の街/奥坂まや

切株に坐してふくいくたる晩夏/伊藤通明

シクラメン白馥郁と忌日過ぐ/古賀まり子

初夢の源義ふくいくたりしかな/角川照子

山梔子の香の馥郁と消えまじく/稲畑汀子

喪ごころの封じ目ほどけ梅馥郁/鍵和田釉子

朴咲けり雲ふくいくと過ぎし昼/鷲谷七菜子

野づかさに日の馥郁と雉子鳴く/落合伊津夫

梅馥郁髪の短かき主婦ばかり/鍵和田ゆう子

ふくいくと雲の生まるる手毬唄/三田きえ子

よべ生れし牛も耕土もふくいくと/友岡子郷

はつたいのふくいくとして雪の宿/野澤節子

女児誕生ジャスミンの香の馥郁と/安野良子

鉾の稚児馥郁として過ぎにけり/能村登四郎

俳句例:41句目~

ふくいくともくれんの芽のかぶり物/高澤良一

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ