鰺刺を使用した俳句

鰺刺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鰺刺を含む俳句例

鰺刺や空に断崖あるごとし/林翔

信号を西日と思ひ鰺刺は/依光陽子

大漁の港鰺刺鳴き群るる/山本満義

鯵刺のしぶきを見せし鏡凪/森田峠

鰺刺のしぶきを見せし鏡凪/森田峠

鯵刺や一陣の風真菰より/太田寛郎

小鯵刺河口に朝の潮満ち来/田川節代

鰺刺や青舐の如きひうち灘/武田玄女

歓びの風鯵刺を欲しいまま/仙田洋子

池を刺す鮎鷹海を遠くせり/巌谷小波

湖涼し鰺刺打ちてやや潜る/皆吉爽雨

着水も離水も無音小鰺刺/宇多喜代子

風の中鮎刺のとり落すもの/橋田憲明

鮎刺に酔ひて心の泳ぐなり/藤井彰二

鮎刺や五月は沼の禁漁期/荒川あつし

鮎刺や夕日に雫曳きあがる/出牛青朗

鮎鷹に黛ひくゝ多摩の山/上林白草居

鮎鷹の一閃に水蒼むかな/窪田佳津子

鮎鷹の一閃青嶺澄みにけり/土山紫牛

鮎鷹や枝川を出る屋形舟/大橋越央子

俳句例:21句目~

鯵刺の海光まとひ渓に消ゆ/巌谷小波

鯵刺の降下三たびの湖の秋/井沢正江

鯵刺も康治が簷も炭まぶれ/石塚友二

鰺刺の海光まとひ渓に消ゆ/巌谷小波

鰺刺の真下に海女が頼む礁/桂樟蹊子

鰺刺や一方向に濃きけむり/伊藤淳子

鯵刺の嘴の切りこむ水の靄/岡本まち子

鮎刺や三時の川の底あかり/山上樹実雄

鮎刺の鳴く音も雨の多摩河原/富安風生

鰺刺の宙にある身を一擲す/百合山羽公

鮎鷹の日すがら去らず蘆の天/三好達治

鯵刺の百発百中にはあらず/二本柳力彌

鯵刺の突きし水輪や朝ぼらけ/原田浜人

降灰のしばしのひまを小鰺刺/米谷静二

鯵刺の一撃をもてテロありぬ/高澤良一

木場にいま鮎鷹つばさ水平に/岩鼻十三女

鯵刺は河口の幅をひろげたり/宇多喜代子

鯵刺や夕日の波を目のあたり/大木あまり

鰺刺の打ち離るると水は刎ぬ/八木林之介

鰺刺の摶ったる嘴のあやまたず/水原秋桜子

タイトルとURLをコピーしました