遺すを使用した俳句

遺すに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

遺すを含む俳句例

鯖街道廃家茎石のみ遺す/久保武

敷石に遺す春雨の軌あと/有働亨

船発ちて埠頭に遺す養花天/林昌華

古道をいたはり遺す青芒/富安風生

鳥が遺す実生いろいろ初箒/滝春一

宗祇の名遺す泉へ細き露地/塚本京子

露の世に足尾の遺す足字銭/西本一都

遺すのは肥後椿一つとする/宮部鱒太

履歴書に遺す帝国酸素かな/攝津幸彦

上手とはいへぬ厚物咲遺す/川崎展宏

別の秋へ遺す未生の鬱金桜/池田澄子

古城史を勿忘草の野に遺す/山田弘子

啄木鳥の孔遺す家冬ざるる/堀口星眠

子へ遺す一寒生の霜の文字/加藤秋邨

シーボルト挿し絵に遺す鯨曳/高澤良一

亡き人の遺す余寒と思ひけり/橋本榮治

夜へ遺す血色のトマト平家村/伊丹公子

我永久に遺す硯を洗ひけり/深川正一郎

敢て書き遺すことなし灯涼し/岸風三樓

鵙なくや遺すべき爪紙に包み/岸風三楼

俳句例:21句目~

母遺すレシピどほりの大根漬/安部康子

螢火や夫子のほかに吾遺す/山口都茂女

遺すものなき一身の淑気かな/手塚美佐

うらぶれし冬にも心遺すなり/相馬遷子

鳥とんで玉座を遺す山の秋/大峯あきら

年新た日々為し何にを遺すべき/河野南畦

ガン少女が遺す襁褓と雪の炎え/寺田京子

遺すべく書きし文焼く蝶の晝/古賀まり子

焚火踏み遺す下界へ還らねば/上田五千石

ふるさとへ遺す墓とて露けしや/堤俳一佳

お神渡り亀裂に遺す神の告げ/中畑みち恵

時雨るる江軍ケ浦の名を遺す/下村ひろし

花八つ手遺すべきものは遺しけり/石田波郷

逍遥忌子に遺す一書あらば足る/鈴木蚊都夫

雪はげし書き遺すこと何ぞ多き/橋本多佳子

白地着て血のみを潔く子に遺す/能村登四郎

社に遺す一人の穴すぐ梅雨が埋めむ/荒井正隆

梅酒とろとろ子に遺すもの何もなく/瀬戸青天城

青梅粒々土にこなれし語を遺す/赤城さかえ句集

タイトルとURLをコピーしました