叔母を使用した俳句

叔母に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

叔母を含む俳句例

追伸の叔母の急病蛇苺/塚本邦雄

大叔母は崋山の妻や土用灸/辻桃子

暖かし若き叔母なる口ひげも/龍男

半夏生叔母の離れはその奥に/星野椿

梨花白し叔母は一生三枚目/寺山修司

潮騒を伴ふ隙間風に叔母/大岳水一路

麦よりも黄の大叔母ら飯囲む/遠藤煌

叔母逝いてかるき悼みや若楓/飯田蛇笏

はつ昔残りし叔母も亡きかずに/下田稔

ひねもすと百歳の叔母春炬燵/八木政子

大叔母が四人緑蔭の赤ん坊/正木ゆう子

朝顔の白や叔母来る咳ばらひ/鈴木鷹夫

一握の叔母の髪結ふ四温かな/都筑智子

七五三叔母の最も化粧ひたり/大橋敦子

更待の叔母様の名の菊子かな/如月真菜

叔母二人待つてくれゐる春炬燵/星野椿

薄命の叔母似と云はれ洗ひ髪/有馬籌子

蜩や亡母より叔母に親しみて/佐野美智

追伸に漬梅のこと叔母のこと/鈴木鷹夫

喪服着る叔母と会ひたるソーダ水/皆吉司

俳句例:21句目~

叔母の初七日蜩の谷地に居り/田川飛旅子

筍や田舎の叔母の来よといひし/正岡子規

除隊せし夜を若き叔母来て泊る/萩原麦草

萵苣青し母なきあとは叔母たより/平松竃馬

叔母の忌の配るうちはに皆随喜/赤松けい子

小箪笥に雛ぽちとある叔母訪ヘり/久米正雄

しんがりに美しき叔母ゐる盆の道/橋本榮治

すみれの花咲く頃の叔母杖に凭る/川崎展宏

炭燠る不思議をしばし叔母の家/藤田あけ烏

香水のいまも背高き叔母に会ふ/文挟夫佐恵

わが庭に叔母も来て摘む薺あり/市村究一郎

黒酢飲めという天敵の叔母が来て/大坪重治

叔母の白さは桃葉湯のむかしかな/中戸川朝人

叔母さまの肘によりたるざこねかな/松瀬青々

本くるゝ叔母今日も来ず春の風/長谷川零餘子

小走りに消えたる叔母の夜涼かな/八木林之介

サフランを摘みたる母も叔母も亡し/青柳志解樹

泣癖のわが幼年を背に揺すり激しく尿る若き叔母上/高柳重信

タイトルとURLをコピーしました