川幅を使用した俳句

川幅に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

川幅を含む俳句例

初旅の川幅広く鳥光る/岡本喜子

春の暮川幅を水流れては/桂信子

川幅を余して曲る冬の川/成瀬靖子

両脚のなかの川幅涼新た/井上康明

川幅が空を拡げて都鳥/稲畑廣太郎

川幅に夕波満ちぬ花吹雪/橋本榮治

水音で川幅わかり螢狩/木村紀美子

芦刈られ川幅広く初電車/桃井雲洋

草笛をふく川幅の老詩人/橋石和栲

葭切の鳴きて川幅狭くする/大越晶

川幅に星をあつめて盆の村/今瀬剛一

春のうららの川幅と顔の皺/藤谷和子

二階より見る川幅や秋の暮/水谷晴光

冬鴎川幅たもち橋を越ゆ/米澤吾亦紅

大旱の川幅に水急ぐなり/千代田葛彦

川幅をはみ出す天満祭の灯/本郷桂子

川幅や黒き潮さす木歩の忌/原田種茅

川巾を千鳥啼きゆく慰霊祭/萩原麦草

川幅が枯れ一色の顔である/椎橋清翠

川幅や生活を密に枯真菰/北見さとる

俳句例:21句目~

川幅は水の幅なり春休み/早乙女/信

川幅を追ひつめてゆく枯芒/鷲谷七菜子

しはしはと遡る寒潮川幅もち/松村蒼石

春の猫抱いて川幅ながめおり/橋石和栲

春立つや川幅太るひとところ/館岡沙緻

川幅にホッチキスを打つ男娼K/須藤徹

牛浸けて川幅なせり鶴見川/水原秋桜子

川幅のそれと知らるる花火舟/高澤良一

川幅は川に溺れてかがやけり/折笠美秋

川幅へホッチキスを打つ男娼K/須藤徹

蘆舟の帰る川幅いつぱいに/森田かずを

川なりに川巾なりに葦枯るる/榎田きよ子

川幅をゆったりと持し梅雨大河/高澤良一

川幅を定かに雪の降り積もる/片山由美子

川幅に淵と瀬をもち秋ふかむ/中戸川朝人

川幅にしぐれの重さ来そめたり/松村蒼石

跳びたくて芹生ふ川巾目測す/山本つぼみ

川巾ゆたかに春残照の小名木川/山本つぼみ

マント脱ぐ川幅歩幅さだまりて/新谷ひろし

ペンギンを見て来て川幅広くなる/岸本マチ子

タイトルとURLをコピーしました