骨拾いを使用した俳句

骨拾いに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

骨拾いを含む俳句例

花の昼白光放つ骨拾ふ/内藤吐天

骨拾ふ人にしたしき菫かな/蕪村

骨拾ふとき冬川の音絶えし/原裕

拾はれぬ骨まだ熱し麦の秋/飴山實

朝寒き貝より薄き骨拾ふ/古館曹人

短日や顔を集めて骨拾ふ/高木/智

骨ひとつ拾ふ下顎暑くして/石寒太

父の骨拾ふ埋火拾ふかに/影島智子

花寒く幾たび骨を拾ひたる/轡田進

俳諧の骨拾はうよ枯尾花/尾崎紅葉

夕鵙や拾ひて白き母の骨/研/斎史

秋風や子に拾ひやる父の骨/清水基吉

色なき風箸に崩るる骨拾ふ/鈴木芳子

骨拾ふ幼らは草摘めるごと/大石悦子

骨拾ふ桂子夫人ら小暑たり/萩原麦草

骨拾ふ箸ままならず悴みて/岡安仁義

みくまのに骨を拾えと青嵐/夏石番矢

三鬼の骨拾ふ肩まで緑射し/小林康治

桐の花お骨の残り拾ひけり/川崎展宏

きさらぎや拾ひて軽き母の骨/小路紫峡

俳句例:21句目~

遠雷や太くてもろき骨拾ふ/溝端いくゑ

雪暗や箸よりかろき骨拾ふ/蓬田紀枝子

露の世の百歳生きし骨拾ふ/橋本ふみ子

骨拾うそれはいつかの胸の弾/久保純夫

骨拾ふまして熱砂ののど仏/宮本みさ子

なほ熱き骨を寒風の地に拾ふ/石橋辰之助

酢のいろに染まり寒暮の骨拾う/岩佐光雄

飛花落花綿よりかろき骨拾ふ/吉田きみ子

骨の音したり落穂を拾ふとき/吉本伊智郎

母の骨涼しあしゆびより拾ふ/上野さち子

囀りの夕山くらし骨拾ひ/吉武月二郎句集

骨拾ふ歯にこだはれば鵙高音/ふけとしこ

ちさきちさき師の骨拾ふ冬の底/山本つぼみ

ついばむに似て骨拾ふ箸冷まじ/平井さち子

短夜の余燼を掻くや骨拾ひ/吉武月二郎句集

その父きたなき首巻をたらし骨拾ふ/大橋裸木

花さんしゆゆ父のかたちの骨拾ふ/長谷川冬虹

吾が生みし骨を拾ひぬ梅雨深し/平田君代「辻が花」

白百合の花びら蒼み昏れゆけば拾ひ残せし骨ある如し/五島美代子

タイトルとURLをコピーしました