ごり汁を使用した俳句

ごり汁に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ごり汁を含む俳句例

鮴汁の椀に天窓明りかな/柏禎

茶の花や鮴住み直る流れ水/野坡

鮴汁の椀のぬくみや浅野川/浜本愛子

長き橋渡りて行くや鮴の宿/鈴村寿満

ごり汁を待つ浅酌の越の酒/岡田律夫

飴に煮て鮴は姿を食はせけり/飴山實

鮴とりの胸光らせて網上ぐる/上村占

鮴とるや底曳きたぐる貝の音/上村占

五月雨の瀬に三人が鮴の漁/瀧井孝作

犀川の月の流れに鮴をとる/高木晴子

鮴汁のうまさ覚えて転勤す/寺沢良子

ごり汁も恙ぼそりの腹にしむ/荒賀粥味

ごり汁や雨かと思ふ夜の瀬音/内藤吐天

この顔の大きが鮴ぞ箸の先/瀧澤伊代次

ごりやなる白味噌仕上鮴の汁/高村俊子

味噌摺にすゞ敷鮴の泳ぎかな/服部嵐雪

味噌摺るにすずしき鮴の遊ぎかな/嵐雪

浮鮴の浮きも泳げる春日かな/室生犀星

真清水の極みは黒き鮴のうを/高橋睦郎

雨合羽光らせ鮴のがらびき漁/高澤良一

俳句例:21句目~

鮴寄せの網に仕組みしさざえ殻/上村占

鮴汁が話題となりて加賀料理/浅川紫水

鮴汁や旅も名残りの浅野川/谷村久美子

子供らの籠の鮴みな生きてゐる/室生犀星

水無月の水辺ゆづらぬ鮴屋の灯/吉田紫乃

目も口も分たぬまでに鮴を煮て/長谷川櫂

門川は鮴の生簀を経てはしる/阿波野青畝

鮴のぼる瀬すぢは花の渦となり/室生犀星

鮴を煮てこゝ椎の葉に飯や盛る/松瀬青々

鮴を煮て小蝦のまじる雪解かな/岸本尚毅

鮴汁にとなりの山の驟雨かな/藤田あけ烏

鮴汁の葱はちぎつてありにけり/茨木和生

鮴茶漬梅雨のはたてとなりにけり/石田小坡

味噌汁の椀よりのぞく鮴のひげ/笠井フキ子

岩に着く鮴掃き寄せて捕りにけり/茨木和生

鮴の串日はみんなみにかたよれり/室生犀星

笊入れて石もろともに鮴すくひ/松尾いはほ

鮴さわぐアルミの鍋に移されて/阿波野青畝

鮴網のとぐろかさねに手繰らるる/西本一都

タイトルとURLをコピーしました