漁船を使用した俳句

漁船に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

漁船を含む俳句例

鏡餅供ふ漁船の命綱/右城暮石

穴子漁船待ち顔の嬶衆/高澤良一

初漁船全速力の水脈太く/千田一路

帰港せし漁船を洗ふ朝桜/甲斐遊糸

星月夜出航漁船並びをり/古屋和子

漁船出す道あり海水浴の中/中拓夫

葵咲き室の漁船艤装成る/宮武寒々

解禁の柳葉漁船のみな傾ぐ/黄金静

軍艦旗掲げて漁船年迎ふ/山口誓子

金色の海へ初漁船押出す/齋田鳳子

漁船の帆黄ばみ秋燕高かりき/大串章

漁船から村の運動会の見ゆ/村木友子

春夕焼沖より漁船戻り来る/幸田繁子

漁船の安房へ流るる春の風/正岡子規

朝凪や漁船の数を島におき/肱岡千花

稲妻の煌めく海を漁船帰る/西谷正夫

冬霧や漁船離れぬ群かもめ/葉狩てる子

出で入の漁船にかくも冬の鳶/高濱年尾

安房の海や霧に灯ともす漁船/正岡子規

寒の水提げて漁船の中に消ゆ/大屋達治

俳句例:21句目~

帰漁船昏き沖より海猫つれて/道川虹洋

年酒受く漁船傾く座にありて/晴山美代

明け易き浜に並べる漁船かな/島田青峰

漁船帰る冬夕焼を曳きつれて/嶋村博吉

音止めて漁船入りきし朝の蝉/水野柿葉

鯖不漁わだ八方に散る漁船/小原菁々子

松立てて仮泊す伊勢の漁船団/猿橋統流子

漁船の灯霧の波止の灯鰤荷役/小原菁々子

島の子を乗せ漁船来る放生会/岡部六弥太

漁船出づ酷寒の湖おしひらき/鷲谷七菜子

遠洋漁船帰るを待ちて雛納む/酒井みゆき

遠洋漁船那智の若水積みて発つ/門みのる

漁船出づ頭上煌めく寒北斗/大久保灯志子

帰省子も乗せて出て行く漁船かな/酒井京

秋つばめ真水を積みて漁船出づ/本宮哲郎

春浅し漁船のもやい堅きまま/田澤しげお

鰤起し連れて漁船の戻り来し/稲畑廣太郎

漁船残りなく戻りあらし夜となる/大橋裸木

漂うブイの耐蝕の意志流れる漁船/林田紀音夫

白南風や漁船にTシヤツ干されあり/島田和子

タイトルとURLをコピーしました