御師を使用した俳句

御師に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

御師を含む俳句例

遅桜棟に幣たて御師部落/福田蓼汀

火祭の大篝火や御師の宿/伊藤柏翠

山畑に杉菜波打つ御師部落/菅原文子

山眠る大鋸かかる御師の門/福田蓼汀

庭木にも猿の腰掛御師の宿/宮地恒子

秋風や鬼灯を干す御師が軒/大谷句佛

初鶏のいの一番は御師の家/木内彰志

老鴬や裏道抜け道御師部落/岡田日郎

虎鶫大き家守る御師の妻/白岩てい子

御師の房戴く夜の零余子飯/秋山花笠

御師配る遷宮ちらし十万枚/石河義介

打水の流れて御師の宿ならぶ/森田峠

山の日を集めて御師の障子貼/田中俊尾

山上に御師の町あり月照らす/岡田日郎

火祭の御師が門辺の二た牀几/高浜年尾

春曉の雲に埋まりし御師部落/岡田日郎

菖蒲葺く御師や御嶽の霧匂ふ/内山亜川

柿日和開け放たれし御師の家/杉山容子

裏富士や梅盛りなる御師の宿/飯田蛇笏

谿川へ向く御師の宿五加木垣/芋川幸子

俳句例:21句目~

御師の家水を打ちある守武忌/森田公司

邯鄲やこよひの宿は御師の家/沢木欣一

雪加鳴く軒深くして御師の宿/いさ桜子

俳諧の御師のひとりの寒さかな/巌谷小波

冬ざれや大戸おろして御師の宿/刑部大木

夏祓御師の宿札たづねけり/其角「華摘」

御師の家に神酒を提げし賀客かな/堀古蝶

登山杖御師の宿より突き出づる/勝俣泰享

朝な夕な山雀鳴きて御師の家/乗田眞紀子

色変へぬ松をかまへて御師の家/川崎展宏

霰止みその日は暮るる御師部落/岡田日郎

しろじろと地梨を咲かせ御師の家/西本一都

御師の墓地露けき径を聚めたる/加倉井秋を

御師の湯の加減や雪を投げいれて/藤原如水

火祭の火を焚く一生御師として/長田白日夢

初鶏やはや御師町の高きより/飛鳥田れい無公

富士講の御師の胡座やあをふくべ/若山すみ江

御師の家げんのしようこを縁に干し/広瀬一朗

初温泉太鼓打ち栄えて宿の御師めくも/野村朱燐洞

タイトルとURLをコピーしました