山湖を使用した俳句

山湖に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山湖を含む俳句例

山湖今篠突く雨や未草/松尾白汀

遠吠えの山湖を渡る薬喰/関森勝夫

草蜉蝣真昼の山湖呟ける/望月紫晃

山湖ただ月天心の閑けさに/村田脩

雉子笛に山湖の波は盲縞/北野民夫

風花の山湖夕日の翼澄む/岡田日郎

胸に曳く山湖の暗さ通し鴨/加藤耕子

新涼や山湖の色の靄離れ/大須賀乙字

山湖澄み空と檀の実と映る/岡田日郎

夏木立映して山湖静止せり/直原玉青

夫婦山湖をへだてて閑古鳥/佐藤春夫

山湖対岸秋冷の灯の一つのみ/村田脩

雪解水注ぎ山湖の色となる/山田弘子

そぞろ寒山湖すれすれ雲覆ふ/岡田日郎

冬木風山湖の蒼さ極まりぬ/金尾梅の門

岩燕明日なきごとく翔ぶ山湖/谷口和子

白地着て山湖のにならばやと/野澤節子

星飛んで山湖の芯を波立たす/松村多美

雲は貴婦人山湖の冬は終りけり/有働亨

新月の山湖に育ちつつありし/田村おさむ

俳句例:21句目~

舟底型の道は山湖へみすぢ蝶/平井さち子

草の丈つくして山湖避暑期果つ/山本雅子

草原も山湖も梅雨のふところに/藤浦昭代

一本のバナナ分け喰ふ山湖かな/尾崎木星

冷やかな程なつかしき山湖かな/須藤常央

凍て蝶のきらめき渡る山湖かな/中川宋淵

山湖澄み石投ぐことに怖れあり/大橋敦子

鰯雲ひろげて無垢の山湖照る/つじ加代子

まひまひに山湖の広さかぎりなし/西田浩洋

足もとに梅雨の山湖のなぎさ澄む/皆吉爽雨

あさあけや鴛鴦のみ渡り来し山湖/松村蒼石

古雛とほき山湖の濃むらさき/鍵和田ゆう子

スノードロップ山湖の空気透明にて/有働亨

山湖ひたす星影見ても秋来たり/大須賀乙字

鳥渡る山湖の張りは珠をなし/鍵和田ゆう子

鴨引いて山湖は藍をふかめけり/福原ふじこ

紅葉かつ散る山湖の就眠儀式いま/伊丹三樹彦

父と子へ紫紺の山湖ラムネ抜く/佐川広治「光体」

敦盛草山湖の霧の来てつつむ/平賀扶人「風知草」

タイトルとURLをコピーしました