木戸を使用した俳句

木戸に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

木戸を含む俳句例

秋雨や木戸の内外の潦/西山泊雲

簗へゆく橋に木戸あり葛の花/翠舟

裏木戸を叩くは風の雪柳/横田清香

塀華奢に木戸より低き竹の秋/風生

裏山へ通ふ木戸あり冬構/高田蝶衣

隣との木戸の開くとき紫荊/千原叡子

釣堀の木戸に子遊ぶ四葩かな/原月舟

跡さきを木戸で締めたる組屋敷/山店

湖へ木戸あいてゐる冬の蝶/坂本政子

春の月芝居の木戸に湧く女/正岡子規

裏木戸や蝸牛殻牽く地の上/石塚友二

棗の辺雨湿りして裏木戸も/高澤良一

裏木戸の音の彼方へ天道虫/飯田龍太

裏木戸の闇に四月の風匂ふ/相馬沙緻

冬山にうちひらきあり牧の木戸/佐海

春風に畏みくぐりたる木戸ぞ/村松紅花

裏木戸を出てゆく父の寒施行/皆川盤水

隠木戸より紅梅の吐息かな/西岡千代子

顔見せや雪つむ木戸の内は春/松瀬青々

黄落やひとの木戸ある極楽寺/桂樟蹊子

俳句例:21句目~

鼠木戸潜り黴の香かすかなる/水原春郎

木戸しまる音やあら井の夕千鳥/炭太祇

木戸に木の鍵して蛍囲ひけり/星野紗一

母亡くて閉ざす裏木戸枯柏/詫摩まつ子

万歳の顔が出てくる雪の木戸/武藤紀子

木戸口に日がかん~と夏芝居/富安風生

木戸抜けて杜氏夜遊びの頬冠/菅沼義忠

桃さくら裏木戸の風昼つめたし/桂信子

此木戸や鎖のさゝれて冬の月/宝井其角

残る虫一茶旧居の木戸きしむ/山本悦子

裏木戸を押し菊月の友を訪ふ/根岸善雄

盆狂言地主の木戸をぞろくと/松藤夏山

北嵯峨や飾かけたる藪の木戸/野村泊月

呉服座の木戸屈み入る紅葉晴/加藤耕子

石蕗咲くや高輪木戸に馬の墓/伊東秀二

坪庭の木戸を低めに敷松葉/北中富士子

花の木戸内外に蕗の若葉かな/永井龍男

夏山や山葵田なりし木戸一つ/皆吉爽雨

花南天裏木戸より訪う母の家/寺井谷子

裏木戸につづく春の田益子窯/橋本榮治

俳句例:41句目~

家々に木戸の静けさ梅二月/大岳水一路

寿福寺の紅葉且散る木戸を押す/星野椿

尼寺の木戸に錠なし咲く紫苑/永方裕子

裏木戸に一番釣りの鮎届く/秋山とみ江

裏木戸に海のひそみ音薺打つ/大森杏雨

裏木戸の少しあきゐる余寒かな/岡庭正

裏木戸の鍵壊れをり青木の実/白岩三郎

夏川に架かれる橋に木戸ありぬ/高浜虚子

あけぼのの愛撫螢が木戸たたく/西川徹郎

木戸を押す今日の客あり敷松葉/富安風生

裏木戸やばさとかぶさり雨若葉/西山泊雲

木戸さしに出て子の螢拾ひけり/富田木歩

木戸深く砂入れしより朧かな/金尾梅の門

この木戸や鎖のさゝれて冬の月/榎本其角

裏木戸に汐の満ちくる良夜かな/角川春樹

りんりんと白萩しろし木戸に錠/三橋鷹女

花なづな母死後木戸に錠つけて/長谷川双

木戸鎖しに出て子の螢拾ひけり/富田木歩

共同湯木戸開け着膨れ婆ぬっと/高澤良一

内子座の木戸に置かれし遍路杖/谷田部栄

俳句例:61句目~

凌霄の木戸口に緋をかぶりけり/斉藤利枝

列の尾が木戸の閉め役別れ霜/平井さち子

初潮や木戸より高く舟繋る/山野邊としを

茶の花に裏木戸固く鎖されたる/島田青峰

裏木戸の芒に触れて入りにけり/吉屋信子

裏木戸のそこ后塚せりなづな/田畑美穂女

武蔵野の雑木紅葉に木戸を置き/岡安迷子

山眠る身幅ほどなる木戸坂も/大岳水一路

裏木戸のかぼちや蔓のみ長々と/細井房俊

探梅の一人に木戸の開いてゐし/斉藤友栄

裏木戸に鹿の来てゐる大暑かな/佐川広治

月の木戸しめ忘れたる夜風かな/飯田蛇笏

月光を堰きとめてをる木戸あくる/上野泰

裏木戸に芒に触れて入りにけり/吉屋信子

漉場余寒風にあく木戸風が閉む/宮津昭彦

浜へ出る宿の裏木戸雪加鳴く/青麻やす子

裏木戸を出で春潮に手を伸ぶる/岸風三樓

裏木戸を開けて舟出す鯊の潮/岡嶋田比良

木戸に見し中天に冴え月円か/片倉ゆかり

蹴り出でて朔太郎忌の木戸なりし/辻桃子

俳句例:81句目~

輪飾りに見馴れし木戸の改まる/中村里子

石菖や手をさし入れて開く木戸/高須孝子

霙るるや木戸の輪飾り外すにも/永井龍男

木戸閉づやかくれし干菜押もどし/西山泊雲

炭つぐや夜の裏木戸誰そやくる/金尾梅の門

木戸に猫出てゐる秋の深きかな/大岳水一路

無名氏の薔薇咲かせたり冬の木戸/石塚友二

独り居の木戸に木犀香りけり/小助川恵美子

裏木戸は開けてあります夕化粧/郡山とし子

裏木戸をくゞりおぼろの道なりし/高木晴子

裏木戸をすり抜け恋の猫となる/小池きく江

きつつきや軋み開けたる荘の木戸/松本澄江

裏木戸を出て春の日に手をかざし/野村泊月

ついて来し寒月に木戸閉てにけり/赤尾恵以

木戸の鈴鳴りしは松の雪しづれ/田畑美穂女

木戸の辺の萩の根分をしたき場所/賀川大造

猪垣の木戸を南京錠に鎖す/なかにしたけし

裏木戸を開けて通草の花を見に/山口梅太郎

噛み減りし木戸をはづしぬ厩出し/米田一穂

夕木戸の家守ぱたりとかくれけり/末永悦代

タイトルとURLをコピーしました