居間を使用した俳句

居間に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

居間を含む俳句例

万葉の池居間狭し桜影/杉田久女

風知草女主の居間ならん/高濱虚子

寒屋の極寒の居間椿挿す/百合山羽公

繭玉の彩淡くして僧の居間/佐野美智

風船を居間に放ちて冬籠/山口波津女

居間塞ぐ裸寝妻に咎められ/高澤良一

旅衆のやすんで居間のきぬた哉/園女

母の居間父の墓前に水仙花/星野立子

炬燵塞ぐ八畳の居間真四角/栗橋敏子

住職の居間に届きし落し角/山口笙堂

ままごとの居間も客間もげんげ畑/加計

初暦吊りて花やぐ居間の子よ/関口成生

如己堂の二畳の居間に緑さす/木暮剛平

子のための盆灯籠は居間に吊る/森白象

残雪や居間に数珠下げ山暮し/田村愛子

書斎とも居間ともつかず飾羽子/上村占

福引の興まださめず母の居間/高浜虚子

笹鳴や居間に厨にわが起居/殿村菟絲子

ひやひやと賢治の居間の燈りけり/辻桃子

仏間より居間のにぎはひ魂迎へ/八染藍子

俳句例:21句目~

初髪や居間に閑かな日を入れて/高橋純子

妻帰り夜長の居間に喪服脱ぐ/津村浅次郎

師の居間といふ気安さに春障子/斎藤夏風

盆過ぎの甘蔗杖二本居間に置く/稲田和子

正月のもう散らかせる居間跨ぎ/高澤良一

茅屋の奢り初日を居間に待つ/吉良比呂武

銀杏散るひかりや居間の壁鏡/吉田/芙水

長兄の居間に集まり露けき夜/三野青鳥花

居間の炉辺干物苞吊り春なかば/石川桂郎

住み古りし二人の居間に梨をむく/高橋妙子

優曇華や卒寿で逝きし母の居間/桜川二千子

夕日通す居間の照り返す襖古びぬ/喜谷六花

片付きし居間に伽羅聞く六日かな/藤田耕雪

居間よりもふしどの灯下親しけれ/福永鳴風

わが居間の十日のほどを雛に貸す/能村登四郎

シクラメン居間の会話を知りつくす/山田重子

茶の花を活けて明治の刀自の居間/大室/達恵

サイネリヤ居間の狭さに馴れすぎて/巌寺シヅエ

居士臥せゐし居間より露けきものはなし/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました