隠れ沼を使用した俳句

隠れ沼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

隠れ沼を含む俳句例

春陰の山も映らず隠沼/福田蓼汀

隠沼に闇を呼ぶ声牛蛙/大野津弥

隠沼は処女の瞳冬に入る/石原舟月

隠沼の鷭の双子や菱紅葉/邊見京子

隠沼の尿意感じて進む蛇/江里昭彦

隠沼に鳰ゐて錆びぬ白椿/石川桂郎

簾つりかの隠沼を恋いわたる/間石

隠沼に花あげてゐし蛭蓆/一宮十鳩

六甲の隠り沼にして蛭蓆/粟津松彩子

春鴨の声のかそけき隠れ沼/宇草青冬

河骨に水位足らざる隠れ沼/高澤良一

老鴬のこだま返しに隠り沼/加藤耕子

隠り沼の浮草水草紅葉かな/岡田日郎

隠り沼に水輪を重ね鴨交る/斎藤螢光

深秋の隠沼古鏡のごとくあり/福田蓼汀

赤椿隠れ沼見えておそろしき/高田蝶衣

隠り沼にけさ点晴の小白鳥/駒井でる太

隠り沼に河骨の黄の吐息かな/新藤苑子

隠り沼の蛙や四囲に春は亡し/栗生純夫

鷭鳴いて夏これよりの隠れ沼/東原芦風

俳句例:21句目~

隠れ沼や古巣日光透くばかり/野澤節子

隠沼に消えし深雪のけもの跡/山田弘子

隠沼に秋の虹立ち巫女帰る/仁村美津夫

隠沼の夕暮はやむかいつぶり/竹内隆三

隠沼の末枯すすむことひそか/山田弘子

隠れ沼鴨待つ水をかがやかす/鈴木美千代

隠沼に空席ひとつあるにはある/柿本多映

隠り沼をふちどる花の水芭蕉/能村登四郎

隠り沼の鴨待つ色となりにけり/白井新一

隠り沼に遅まきながらと出づ螢/高澤良一

隠沼といへども水の澄んでをり/中村芳子

昏れいろの山の隠り沼春の鴨/柴田白葉女

隠沼の月を得しよりさざ波す/長尾/久子

くちなはの入り隠沼の水にほふ/河野石嶺

隠れ沼藻の花どきとなつてをり/横山千鶴子

隠沼のありと知らるる水鶏かな/木本たけ子

隠沼に水尾ひく鴛鴦のひかりかな/戸川稲村

うぐひすの結句ひびかふ隠り沼/赤松けい子

隠れ沼に来ることは稀菅を刈る/石井とし夫

隠沼は椴に亡びぬ閑古鳥/芝不器男「芝不器男句集」

タイトルとURLをコピーしました