生き延びるを使用した俳句

生き延びるに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

生き延びるを含む俳句例

塩に蠅延々生きる港まち/成田千空

この椅子の三日の涼に生き延びし/林火

生き延びて来しこと大事菊枕/後藤夜半

生きのびし胸に蝿きて翅つかう/土方鐵

敗戦忌別れを重ね生きのびて/北さとり

落葉焚天変地異に生き延びて/赤尾恵以

のらりくらりと生きのびて山椒/檜紀代

生き延びし学徒兵われ敗戦忌/木暮剛平

生き延びし秋の鰻を放流す/百合山羽公

生きのびて西へ西へと紅葉狩/藤原月彦

生きのびて望なき身の更衣/岡崎莉花女

兌忌やわが生きのびて藤の下/細川加賀

蚊の姨といふ生きのびし形かな/矢島渚男

形代を流しては生きのびにけり/細川加賀

大雪の底に生き延びゐたりけり/伊藤玉枝

春待や生きのびし人の息づかひ/室生犀星

生きのびて又夏草の目にしみる/徳田秋声

生き延びて五月の髭の伸び易し/岡本健治

仏桑花生き延びて修羅語り継ぐ/栗田やすし

冬の蝶汝もこの地震を生き延びし/三村純也

俳句例:21句目~

月光のつらら折り持ち生き延びる/西東三鬼

生きのびし人ひとりゐて冴え返る/室生犀星

生き延びて柚子湯を華と溢れしむ/菱田好穂

生き延びておそろしきまで繊き月/冨田拓也

生き延びて今年の沙羅の花の数/伊丹三樹彦

我が裸見るにつけても生き延びし/古藤一杏子

沙羅の花死を忘れずに生きのびて/伊丹三樹彦

生きのびし思ひの苧殻焚きにけり/能村登四郎

やぶからし女ばかりが生きのびて/北見さとる

生きのびよ火星に水もあるそうな/八木三日女

生きのびてビショプの環を見ている/吉岡禅寺洞

生きのびむ雛のしもべとなるために/渡辺乃梨子

生きのびる気の秋の蚊をはたきけり/荻野忠治郎

生きのびる雛のしもべとなるために/渡辺乃梨子

畑に光る露出玉葱生き延びよと/西東三鬼「変身」

厭な戦争に生きのびて来た妻とは二度の梅見/橋本夢道

亡き人に添ひもそはずも生きのびて今年三十三回忌忌み骨洗ふ/若山喜志子

タイトルとURLをコピーしました