湖心を使用した俳句

湖心に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

湖心を含む俳句例

鶯や湖心の舟に雨のこり/皆吉爽雨

湖心にて銀河に近む櫂の音/大串章

湖心まで公釣の人溢れ/稲畑廣太郎

水清く鱒を覗くや湖心亭/角田竹冷

鏡台や猟銃音の湖心より/藺草慶子

湖心の日山へ移りぬ浮寝鳥/福田蓼汀

渡り鳥湖心の階をのぼりつめ/原和子

一艘は湖心に出でし豊の秋/藺草慶子

山の影湖心にしづめ黄釣舟/加藤耕子

山暗く銀河湖心に墜んとす/福田蓼汀

郭公を青き湖心にゐて聴けり/朔多恭

鳰の巣の湖心の月に背く哉/尾崎紅葉

たらの芽や湖心を包むささら波/森総彦

神楽の夜湖心にありし心中かな/原月舟

湖心打つて烏の声やねぶの花/石川桂郎

人日の水輪湖心に漁夫ひとり/猿渡道子

冬凪げる湖心に遇ひし雁の列/相馬遷子

天心も湖心も凪げる良夜かな/仁尾正文

湖心にてとほき蜩聴きすます/西村和子

波まぶし湖心の鴨の陣見えず/高浜年尾

俳句例:21句目~

鴨打の舟か湖心にそれと見ゆ/高濱年尾

氷上を湖心といへるあたりまで/奥田智久

湖心さして美しき結氷始まれり/大高弘達

湖心より晩夏の鷺となりて翔つ/木村蕪城

湖心透る空緑なり木の実植う/河東碧梧桐

白鳥の母子水尾曳く湖心かな/川原ヒサ子

芒の穂ひかり湖心のひかりけり/前山松花

あらぬ方に鴨の声して湖心亭/坂本四方太

湖心に矢放たんえりや秋晴るる/大橋敦子

雷雲をひたして湖心明かるみぬ/内田百間

ウエストン祭焼岳穂高湖心にあふ/高島茂

毬藻澄む秋日の湖心のぞきけり/石原舟月

蓮ほのぼの戸いまだあけず湖心亭/正岡子規

湖心澄むばかり寒鮒釣れぬなり/金尾梅の門

新雪厳しき穂高湖心を明るくす/加藤知世子

湖心過ぎしか遊覧船に霧あつまる/横山房子

水澄める湖心の深さ秘めながら/今橋眞理子

ただ一つ湖心となりしヨットかな/高濱年尾

湖心とはヨット集まりゆくところ/五十嵐哲也

ケーキ切るや湖心ヨットの秀がすすむ/平井さち子

タイトルとURLをコピーしました