八百屋を使用した俳句

八百屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

八百屋を含む俳句例

貧乏な八百屋車や芋大根/正岡子規

土筆いづれ八百屋の日記付け/西嶺

豆腐屋も八百屋も遠し冬籠/正岡子規

嚏や地主様なる八百屋来る/阿部久子

春よ春八百屋の電子計算機/池田澄子

時雨来る空や八百屋の御取越/ぶん村

清方の八百屋お七の紅の涼/高澤良一

老僧の八百屋尋ぬる秋の雨/正岡子規

待宵のその小車の挽八百屋/石塚友二

冬枯の八百屋に赤し何の瓜/正岡子規

冬枯や八百屋の店の赤冬瓜/正岡子規

売れ残る八百屋の芒後の月/高橋淡路女

大氷柱八百屋の品のとぼしさよ/及川貞

天の川戸一つ残す八百屋の燈/川崎展宏

松にならへ八百屋が軒のやよ時雨/調泉

曳八百屋新生姜匂はせ来たる/石塚友二

更級の八百屋彦八えり挿して/宮坂静生

路に桶出して八百屋の新生姜/島田芳恵

鼻脂ひくや八百屋がはつ茄子/立花北枝

たのうだる蓼もて来る八百屋哉/星野麦人

俳句例:21句目~

喪の七日鮮烈に覚め肉屋八百屋/成田輝子

性格が八百屋お七でシクラメン/京極杞陽

梅雨入の八百屋そこそこ品揃え/高澤良一

無花果や八百屋の裏にまだ青し/正岡子規

菊の花八百屋の店に老いにける/正岡子規

木屋町の八百屋に柚の花売れる/田中冬二

しなびたる茄子まづしき八百屋哉/正岡子規

つばめ来る花屋と八百屋隣り合ふ/加納圭子

大根売る八百屋ありけり中華街/深見けん二

戸敲くは水鶏か八百屋か豆腐屋か/正岡子規

雁木まではみ出し八百屋大根積む/榎本栄子

雨に友あり八百屋に芹を求めける/正岡子規

さかなやの八百屋の通帳秋の雲/久保田万太郎

梅雨きざす団地の峡に八百屋来て/鈴木真砂女

田舎八百屋買へば生り柚子もぎて売る/及川貞

マンシヨンに八百屋来てゐし冬菜買ふ/稲畑汀子

二軒目の八百屋に在りぬラ/フランス/高澤良一

今朝の八百屋に青菜推高し求むるとし/大橋裸木

木茸や街の八百屋が忽と消え/清水一莉「未来図合同句集」

タイトルとURLをコピーしました