主人を使用した俳句

主人に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

主人を含む俳句例

読初の隣主人見ゆ庭つづき/林翔

たこ焼屋主人の啖呵秋祭/有我/卓

宿かさぬ主人つれなき蚊遣哉/湖陸

水霜や獺祭書屋主人考/藤田あけ烏

水仙や主人唐めく秦の姓/夏目漱石

春昼や主人音なく長厠/楠目橙黄子

宮方や花の御宴の主人役/正岡子規

鴬を飼ひて床屋の主人哉/夏目漱石

菊枯れて胴骨痛む主人哉/正岡子規

蚊遣火の蚊につれ出る主人哉/管鳥

漬物に主人が世話や蕃椒/赤坂美代女

朝より主人出あるき弥生尽/西山泊雲

主人たり妻たり雑煮祝ひけり/伊藤観

朧夜の猫と主人に髭のあり/十玉幸男

御取越主人の袴似合ひけり/平井一蛙

愚陀仏は主人の名なり冬籠/夏目漱石

掛乞の曰く主人の曰くかな/正岡子規

礼者西門に入る主人東籬に在り/虚子

秩父に死す囮鮎取扱所主人/武田仲一

種瓢主人風雨に堪へざりき/由井蝴蝶

俳句例:21句目~

一日無事なれば菊の主人たり/石井露月

白靴や葬儀屋主人戻リをり/深見けん二

ふらんす堂主人の笑めり櫻桃/筑紫磐井

主人より烏が知れる通草かな/前田普羅

主人より頭ふたつ高き冬の人/田中裕明

主人拙を守る十年つくね藷/芥川龍之介

主人散歩のそりのそりと竃猫/山口青邨

午近く主人起きけり納豆汁/岡本癖三酔

空一切冬木立ち雨過主人亡し/石塚友二

廚過ぐる主人目刺に眼落して/西山泊雲

風炉点前主人の脚のしびれ哉/青木月斗

鯛味噌に風流綺語の主人かな/岡田鱶洲

書斎裡の主人南瓜の数を知れり/福田蓼汀

主人まづ涼み台より寝に下りし/清原枴童

バス降りて主人帰るや避暑の宿/星野立子

浅蜊鳴かせ主人十年病み申す/赤城さかえ

酔芙蓉主人南派の画を善くす/五十川茶村

たま~に主人も居りし門涼み/楠目橙黄子

茄子汁主人好めば今日も今日も/高浜虚子

読初の主人編初の主婦と言はず/日野草城

俳句例:41句目~

茎漬くるやたま~主人書斎より/楠目橙黄子

タイトルとURLをコピーしました