行く先を使用した俳句

行く先に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

行く先を含む俳句例

秋寒や行く先々は人の家/一茶

行く先に都の塔や秋の空/太祇

秋寒むや行く先々は人の家/一茶

夕桜行く先々の火に迷い/高澤晶子

島原や行く先々に梅と水/朝倉和江

巡業の行く先々の盆踊/寿々木米若

秋燕の行く先遠き岬かな/馬場迪子

蜻蛉の行く先々の勘違い/渡辺美代子

蜩や行く先ちがふ旅仲間/五所平之助

蓮如みち行く先々に緑立つ/中村青径

一家言行く先々の夏よもぎ/木戸渥子

故郷は行く先々に四葩咲く/加藤照子

油山寺や行く先々に蝉の声/内山草三

一病に吾が行く先の朧なる/吉村ひさ志

喪の路の入り行く先は虫の闇/田中政子

晴着着て行く先々の玻璃を鏡/津田清子

秋風や船の行く先みなちがふ/下村梅子

燒栗のはねかけて行く先手哉/正岡子規

行く先は九品のひとつ露涼し/新井竜才

行く先を聞けば角振る蝸牛/大塚とめ子

俳句例:21句目~

衣更へて行く先々の風に会ふ/後藤房枝

這ふ毛虫行く先決まり猛進す/木村敏雄

行く先もきめず小春を誘ひ合ひ/安沢阿弥

竹の葉の落ちゆく先も竹の谷/鷲谷七菜子

師の許へ馳せゆく先を渡り鳥/馬場移公子

逃げ水の逃げゆく先や母の国/水野真由美

来し方共に行く先ひとり短夜や/福田蓼汀

雪解風我が行く先を告げにくる/岡林博茂

行く先の見えて日の落つ紅葉山/福田甲子雄

ふりかへらず行く先々の霜みつめ/津田清子

行く先へ飛んではとまりとんぼ哉/会津八一

行く先を決めてより急ぐ蜥蜴かな/斉藤洋子

行く先々の萓草がもう嫌になりぬ/大石悦子

行く先きもなく暮れ都踊りかな/永井東門居

行く先にのがれ入りけり蚊帳の内/内藤丈草

行く先の決まりし種を採りにけり/金子邦子

行く先を決めかねている午後の蟻/川崎千鶴子

チャグチャグの馬行く先へ先へ蝶/佐々木小夜

行く先はどこだつてよくさくらさくら/池田澄子

すずしさや行く先々へ最上川/蓼太「蓼太句集二編」

タイトルとURLをコピーしました