さいかちを使用した俳句

さいかちに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

さいかちを含む俳句例

さいかちの落花に遊ぶ蟇/村上鬼城

さいかちに鳴る剥製の由緒書/安西篤

墓の字を読むさいかちの風の中/今田拓

皀角子の実は其のままの落葉かな/芭蕉

皀角子の高々とあり鳴れるあり/岸田稚

さいかちの莢の色付く北の風/高杉瓜里

さいかちの月夜や灯る焼藷屋/渡辺水巴

さいかちの吹かれて鳴れり鯉の上/森澄雄

さいかちの莢からからと雲の声/上野澄江

さいかちの莢に山の日風あらぶ/島田兎月

さいかちの裸木ばかり霜ふらす/萩原麦草

さいかちの黒く沈める流れかな/宇田零雨

夕風やさいかちの実を吹鳴らす/石井露月

朝涼、さいかちのわくら葉早い/北原白秋

さいかちに秋の日落つる小窓かな/正岡子規

さいかちの実のささやきて四十代/古内一吐

さいかちの枯山に入る夜を水の上/岡井省二

さいかちの落ちしはるかな音拾ふ/寺岡捷子

さいかちや翳れば風の先づ冷えて/中邑礼子

さいかちを拾ふ左千夫の墓ほとり/岩崎健一

俳句例:21句目~

さいかちに風から~と乾きゐる/永作美千穂

さいかちのまだまだゐるぞ悪源太/橋本榮治

さいかちの風に鳴る夜の椎葉かな/東條樹々

さいかちの実莢鳴るなり別離以後/黒鳥一司

風立ちてさいかちの莢鳴りいでぬ/鈴木青園

皀角子の風とわかれて落ちし莢/佐々/波二

さいかちの下にさいかち落ちをらず/高原春二

さいかちのこぼれこぼれつ師走かな/室生犀星

さいかちのひとよぢれまたふたよぢれ/岸田稚

一陽来福さいかちの実を鳴らしけり/嶋田麻紀

大風にさいかちの実のふつとべる/太田正三郎

皀角子を軒端に干せる山家かな/小川/真砂二

さいかちの実のくろがねに最上の庄/野澤節子

さいかちの実のからまりて山見ゆる/中村わさび

さいかちの夜ごと灯に来る棲家得し/兼巻旦流子

さいかちの実一つ見つけて持ち帰る/小泉はつゑ

さいかちの実の鳴るほどに枯れてゐず/剣持不知火

朝のトーストさいかちの実の鳴る窓に/甲斐すず江

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました