石橋を使用した俳句

石橋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

石橋を含む俳句例

石橋や水平かに若楓/正岡子規

弁天の石橋低し蓮の花/正岡子規

石橋の上にたまらぬ霰哉/正岡子規

石橋の石の平らに夕牡丹/高井北杜

寂莫と石橋渡る月夜かな/中川宋淵

石橋を寒の僧侶の渡りけり/石嶌岳

昼顔や石橋越せば牛の糞/寺田寅彦

武家門に石橋反し夏の鯉/磯野充伯

母逝きて夜の石橋すべて石/澁谷道

石橋を二つ渡りぬ春の水/野村泊月

風の盆十三石橋渡らむか/谷中隆子

石橋のあたりに群れて柳鮠/所山花

蝉鳴くや寺は石橋杉木立/正岡子規

菊村に石橋多き日和かな/内田百間

三十三才庭の石橋渡りをり/影島智子

羽子板の石橋牡丹溢れけり/斎藤節子

石橋を踏みならしたる袷哉/正岡子規

寒垢離の石橋渡る銀杏かな/会津八一

石橋を躓きながら古酒の酔/田中湖葉

石橋の下に敗荷かたまれり/堀越胡流

俳句例:21句目~

石橋の下に咲きけり蓮の花/正岡子規

石橋の蝗や野川とどまらず/山口誓子

石橋の石に喰ひつく蜻蜒哉/正岡子規

石橋を叩いて渡る蟻もあり/高澤良一

石橋の弧にあやめ立つ藩校址/桂樟蹊子

石橋の目にはさまりし柳かな/正岡子規

石橋や尾のなき石竜出て遊ぶ/由井蝴蝶

石橋の反りかすかなる抱卵期/小林貴子

石橋の虚空獅子飛ぶ牡丹かな/石原八束

石橋や秋日のほめく杖のさき/飯田蛇笏

石橋を叩けば星の流れけり/河原枇杷男

石橋のことと動きて野菊揺れ/中村汀女

石橋に芽のすりきれる柳かな/正岡子規

石橋に歯朶が生えゐる清水かな/野村喜舟

石橋をくぐり黒ずむ花あやめ/宇多喜代子

石橋をつゝみて燃ゆる躑躅かな/野村喜舟

花のなき菖蒲へ石橋架かりけり/柿本多映

石橋のこちらは蝌蚪の居らぬ水/岩田由美

麗らかや石橋にかわく水のあと/内田百間

古松/石橋大方丈の陰に冷ゆ/鍵和田ゆう子

俳句例:41句目~

五月石橋をくぐり黒ずむ花あやめ/宇多喜代子

石橋を花沙羅に架けおほせけり/長谷川かな女

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ