焼鳥を使用した俳句

焼鳥に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

焼鳥を含む俳句例

焼鳥の串のあめいろ春の磯/原裕

きなくさき戦が間近焼鳥/高澤良一

焼鳥や銀の髪もつ露語教師/日原傳

焼鳥や都電の軋り蹠より/木村川至

看板に山鳥つるや焼鳥屋/中山稲青

花屑を吹き焼鳥を裏返す/上井正司

焼鳥焼酎露西亜文学に育まる/瀧春一

焼鳥の串まで焦げて酔迅し/高澤良一

木枯や焼鳥屋火を荒づかひ/土生重次

焼鳥の歯の美しや漱石忌/秋元不死男

鶫焼き夜風荒るるに任せたり/大串章

この街のこの焼鳥屋この隅に/高澤良一

八十八夜骨壷によき益子焼/鳥居美智子

焼鳥や友とし古りぬいくさより/森澄雄

戸口なる紅葉明りや焼鳥屋/吉岡禅寺洞

焼鳥の灯の遠きまで歩きゆく/仙田洋子

焼鳥や恋や記憶と古りにけり/石塚友二

秋めくや焼鳥を食ふひとの恋/石田波郷

食べたかず串で数へて焼鳥屋/鷹羽狩行

鶫焼くひるげに寄りて皆ねむし/瀧春一

俳句例:21句目~

焼鳥に檜葉敷き坐る紅葉かな/島村元句集

焼鳥や訃報ばかりのさえずる日/永島転石

焼鳥冷めて目線平行のまま熱し/宮崎二健

大靄に焼鳥の串落としけり/長谷川かな女

泊つ山のくろくかなしき鶫焼/小松崎爽青

焼鳥に生きる楽しさなどを言ふ/細川加賀

焼鳥のアラビア文字の姿かな/渡辺誠一郎

焼鳥の串が洗つて干してありぬ/山本馬句

鶫焼しんじつ骨をしやぶるのみ/泉田秋硯

鶫焼きもてなす米屋与左衛門/野見山朱鳥

焼鳥の煤けしのれん肩で押す/田上さき子

焼鳥やしずくのような日暮れ鳥/金子兜太

宿の子と鶫焼く爐をかこみつゝ/石橋辰之助

鶫焼きしあととおぼしき山路かな/木村蕪城

去年今年焼鳥屋のまえすぎにけり/深町一夫

止木に焼鳥食ぶ秋風地を吹きぬけ/宮坂静生

焼鳥を銜へてセルの夜なりけり/百合山羽公

眠れない胃に焼鳥が鳴いていて/大貫つるじ

焼鳥やカワ/ネギ/ハツと声とんで/高澤良一

煽ぐ焼鳥パチンコの電鈴壁越しに/秋元不死男

俳句例:41句目~

どぶろくの酔ひ焼鳥ももう翔ぶころ/園田夢蒼花

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました