薺打つを使用した俳句

薺打つに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

薺打つを含む俳句例

薺打中に女の笑ひかな/冠露

若殿を抱て夕打つ薺哉/牧童

草枕薺うつ人時とはん/山川

一きほひ六日の晩や打薺/許六

裃を着け端然と薺打つ/本岡歌子

こと~と老の打出す薺かな/鬼城

その藪に人の住めばぞ薺打/一茶

行燈に七種はやす手暗がり/句仏

薺打つ音が母呼ぶ亡き母を/林翔

薺うつ先々のこと考へず/岸田稚

海鳴りへ七種を打つ音加ふ/柏禎

根小屋まで打下したる薺哉/史邦

あの藪に人の住めばぞ薺打つ/一茶

薺打つ大瀬に雪のしまきつつ/龍太

薺打つ細め細めし粥の火に/赤松子

薺打つ音につながる母は亡し/林翔

八方の嶽しづまりて薺打/飯田蛇笏

山脈に闇なじみたる薺打/長崎玲子

打つ音に暁色動く薺かな/石原草人

机にもきこえてきたり薺打/森澄雄

俳句例:21句目~

薺打つ無雙の母となりにけり/斎藤玄

眠られぬ朝に見る夢薺打つ/二村典子

薺打つ音か女の哀しい音/加倉井秋を

妹が子は薺打つ程に成にけり/成/美

薺の句薺打つ日を忘れたり/高浜虚子

包丁の真新しさが薺打つ/小阪喜美子

世に古りし色の俎板薺打つ/南秋草子

薺打つ音に目醒めて二日酔/根岸善雄

薺うつ遠音に引や山かづら/松岡青蘿

客二人七種はやす戸に来る/高浜虚子

薺打つ姑の生涯すこやかに/小池美千子

母よりは高き声上げ薺打ち/九鬼あきゑ

薺打つや袂をつめし出羽紬/古賀まり子

薺打つ音澄むくりや雪降れり/足羽雪野

薺打つ唄の終りは忘れしが/奥田とみ子

七種や似つかぬ草も打まじり/松藤夏山

薺打つ妻ソプラノに囃しをり/大野裕康

薺打って打つて昔を引寄せる/茂木白燕子

薺打つ音やめば隣り子も寝てか/平栗猪山

薺打つ音をも聴かず住み古りぬ/杉山岳陽

俳句例:41句目~

薺打つしらじらしさをたのしめり/絵馬寿

みかど崩御いまも胸打つ薺の日/富田潮児

薺打来世も父母を父母とせむ/渡邊千枝子

薺打つてわづかに老の胸ともる/黒木夜雨

無器用に世の隅に生き薺打つ/古賀まり子

薺打つ俎板を先づ濡らしけり/山田みづえ

薺打つすととんとんと母癒えよ/渡辺恭子

はやし唄母より洩れて薺打つ/遠藤喜久女

一と抓み薺を打ちて足りにけり/山谷傘夜

四方に打つ薺もしどろもどろ哉/松尾芭蕉

薺打ちし俎板に据ゑん盆栽も/河東碧梧桐

裏町にすぐ打ちやみし薺かな/長谷川春草

まなうらにふるさとの海薺打つ/小久保洋子

はしための古りまさりてぞ薺打つ/松藤夏山

川を渉りてあがればきこゆ薺打/廣江八重櫻

薺打つて浮名まうけの恋も果つ/稲垣きくの

和す者もあらぬ薺を打ちゐたる/沢田しげ子

薺打つとぎれとぎれのむかし唄/小川匠太郎

俎板の染むまで薺打ちはやす/長谷川かな女

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ