あぶな絵を使用した俳句

あぶな絵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

あぶな絵を含む俳句例

あぶな絵を脇より覗く春の暮/石嶌岳

あぶな絵のひかめつ面や秋鰹/加藤郁乎

あぶな絵の女の噛みし洗ひ髪/伊藤通明

あぶな絵の透明に水引きはじむ/橋間石

猫の子が踏むあぶな絵の畳皺/長谷川双

あぶな絵にいやにちひさき螢籠/中原道夫

あぶな絵の女目つむる無月かな/鈴木鷹夫

あぶな絵の紙に好みのありにけり/中里良

あぶな絵の鎖骨のくらみ虎落笛/鈴木節子

あぶな絵のやうな二階や揚花火/櫛原希伊子

あぶな絵の緋のいろ/鵙の贄のいろ/星永文夫

あぶな絵をなりはひにして歌麿忌/竹内ハヤ子

あぶな絵もまじり医の土用干/加古宗也「八ッ面山」

タイトルとURLをコピーしました