襷を使用した俳句

襷に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

襷を含む俳句例

雲水の初湯当番玉襷/静雲

蜆かく妹が赤帯赤襷/寺田寅彦

汐干潟望んでかくる襷かな/爽雨

耕の雲水のみな白襷/後藤比奈夫

美しき人や蚕飼の玉襷/高浜虚子

春風や紙漉く水に玉襷/野村喜舟

小鯵焼く妻や厨の片襷/巌谷小波

踊娘ら襷の結び目を肩に/森田峠

黙々と襷の走者息白し/伊藤典子

紙を漉く甲斐の媼の赤襷/三井盛夫

新米を舁き来る声や講襷/白井香甫

荒縄の鬼の襷や亡者送り/牛山孝子

白襷白鉢巻に和布刈禰宜/金森柑子

花結びの黄襷で搗く祝餅/毛塚静枝

太鼓打ち襷外して夏終る/中村英史

鬼退治せむ早襷壬生狂言/大橋敦子

鶏頭や襷はづして縁に尼/橋本鶏二

人妻となりて暮春の襷かな/日野草城

佐保姫も襷かけゝん草の餅/尾崎紅葉

八十八夜茶汲人形も襷せよ/高橋睦郎

俳句例:21句目~

六斎の子たちは色の襷かな/西村和子

大涅槃図吊る十人の襷がけ/本多正人

小豆粥祝ふや襷取りあへず/篠崎霞山

抱き据ゑて角切る禰宜の白襷/北代汀

織初や襷せぬ袖ひるがへし/高田蝶衣

老妻の襷の白き茶の葉撰り/竹内夏竹

縁にかけ襷を膝に雁あふぐ/橋本鶏二

機初や襷せぬ袖ひるがへし/高田蝶衣

臘八の典座いづれも襷がけ/中村一志

餅つきや亭主のすきな赤襷/正岡子規

くれなゐの襷一本年用意/岡部名保子

身痛くも襷しめたり鵙の朝/森川暁水

たまたまの昼寝も襷かけながら/篠原

ねむたさの襷をかけぬ油虫/雛津夢里

ほしひ碾く観蓮さんは白襷/本田一杉

わんこそば介添え娘の赤襷/高澤良一

客僧の衣にたすき施餓鬼寺/田中玲子

襷せる世話役はしり出開帳/八木林之介

襷とりながら案内や避暑の宿/高浜虚子

新蕎麦を打つとて老師襷せり/高橋安子

俳句例:41句目~

襷解きつつ初月とひとりごと/山下寿美

早乙女の襷ほどきし昼餉かな/高浜朋子

牡蠣船を赤い襷のちらちらす/川崎展宏

山茶花や小さき母の襷がけ/長谷川吉雄

露の日を拝みゐる手の襷かな/森川暁水

襷にて萩を括りてありしかな/茨木和生

色鳥の来しよと主婦や襷がけ/星野立子

コスモスや片襷して水汲女/鈴鹿野風呂

はやばやと更へし衣に襷かけ/富安風生

てんとむしだましの技術白襷/阿部完市

弓始たすき真白くをみななる/吉田速水

納棺す深夜の凍てに繩たすき/飯田蛇笏

母となる日の近き重ね着へ襷/加倉井秋を

甚平の父襷の母顕つ木槿路地/伊丹三樹彦

襷かけしまゝのまろび寝母の秋/大橋敦子

福寿草襷いろはにほへとちり/阿波野青畝

緋襷の火傷はふかしほととぎす/野澤節子

なすび漬母のたすきの細かりき/川村幸子

和布刈る禰宜のたすきの結び瘤/秋武久仁

かしこしや蚕飼の襷かけまくも/尾崎紅葉

俳句例:61句目~

夏浅く吾妹のかけし襷かな/久保田万太郎

寒明けぬ何かたのしく襷かけ/竹末春野人

鈴虫を聴かんとたすき外しけり/鈴木睦子

掃きぞめの襷やゆるくしめ上げし/星野立子

暑に抗す老の襷をかけにけり/阿部みどり女

除夜の鐘襷かけたる背後より/竹下しづの女

たすきしてやさしい島国よびにけり/阿部完市

たすきして十二回濤よびよせている/阿部完市

孔雀草なげかけてあるたすきかな/本田あふひ

母となる日の近き重ね着へたすき/加倉井秋を

とりいでゝかけし春著の襷かな/久保田万太郎

かりそめの襷かけたる春著かな/久保田万太郎

餅ぬくくてどりちぎりてたまたすき/飯田蛇笏

襷きつく春風に吹かれ茶をもてくる/栗林一石路

国栖奏のきつねのたすきひかりけり/森井美知代

襷かけしまゝのひるねをあはれめり/久保田万太郎

襷している船のゆきこにわたすものあり/阿部完市

昼寝ざめすぐにたすきをかけにけり/阿部みどり女

孔雀草になげかけてある襷かな/本田あふひ句集/本田あふひ

タイトルとURLをコピーしました