天窓を使用した俳句

天窓に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

天窓を含む俳句例

天窓の落す煙や初嵐/野村泊月

鮴汁の椀に天窓明りかな/柏禎

天窓に煌く星座避寒宿/小林光子

三千の坊主天窓や時鳥/会津八一

天窓へつづく涙腺花曇/杉野一博

五十聟天窓をかくす扇かな/一茶

天窓の下に蕨の青揃ふ/羽部洞然

天窓に更待月や休め機/大宮広子

天窓に炎手を出す夜の火事/皆吉司

泡を読む天窓あかり寒造/山田弘子

天窓の低き家並や猫の恋/松本美簾

天窓に雪見えてゐる小豆粥/後藤仁

アトリエの高き天窓雹叩く/中島隆

凍豆腐編む天窓の雪明り/加藤弥子

鷹鳩と化し天窓の並ぶ蔵/加古宗也

天窓の暮色しづかに冬籠/望月百代

土の戸の天窓閉めて寒造/菅沼義忠

天窓に何のはなびら機始/西野文代

天窓に先端延びし雲の峰/佐藤清子

天窓に夕日差し来る染卵/井上弘美

俳句例:21句目~

天窓の下は母の座衣被/広田恵美子

天窓に春逝く螺鈿盆の貝/古舘曹人

天窓に月がありけり餅筵/皆川白陀

山荘に天窓よりの初明り/青木起美子

年玉を天窓におくやちひさい子/一茶

年玉を天窓におくやちひさい子/一茶

悪僧の天窓冷せし清水哉/吉分大魯/

新涼や湯屋の天窓みな開く/杉林明子

新酒や天窓叩きてまいる人/黒柳召波

冬山中に天窓ありし甘美かな/澁谷道

母と花種天窓が飛翔さそふ/友岡子郷

酒蔵に天窓ひとつ素心臘梅/伊藤敬子

鶏頭やはかなきあきを天窓勝/炭太祇

天窓に日の廻り来し帳始/池亀由美子

天窓に見ゆる夜空も星月夜/岩田由美

天窓に飛騨の空あり春祭/小澤満佐子

天窓の下に浸せる桃の花/木村里風子

天窓の光に母ゐ青いちじく/細見綾子

天窓の朝明けを知る燕の子/細見綾子

朝富士の天窓へ投げる早苗かな/一茶

俳句例:41句目~

天窓をこぼるる冬日猫の皿/細川加賀

天窓を開く夜のあり子持鯊/小林貴子

機関部の天窓開けていわし雲/品川鈴子

雪が降る天窓あかり正座の父/大井雅人

春暁の天窓すぎる猫白し/長谷川かな女

天窓のガラスに雪の厚みかな/滝井孝作

梅雨晴やけさ天窓の煤のいろ/正岡子規

立春の駅天窓の日を降らし/寺島ただし

吹き抜けの天窓明り据り鯛/伊藤あかね

哲學の天窓禿げたる暑さかな/会津八一

天窓も隠さむばかり今年藁/寺島ただし

天窓やたまたま落つる栗の花/正岡子規

天窓に立待の月皇女生まる/小泉八重子

天窓の若葉日のさすうがひ哉/正岡子規

湯気こもる天窓暮れて雪の国/伊藤京子

湯気を噴く天窓地窓寒造り/坂口ひろし

天窓のあはきくれなゐ驟雨すぎ/中田剛

ひつたもの天窓撫でたる寒かな/斯波園女

やはらかき日が天窓に冬の蝿/成智いづみ

天窓を激しきものら往来せり/沼尻巳津子

俳句例:61句目~

天窓を過ぎ行く星座去年今年/片山由美子

紙の書に天窓の日の瞑さかな/石田阿畏子

天窓見て義士討入の日と思ふ/加倉井秋を

鳩の尾の天窓のぞく春惜しむ/金尾梅の門

天窓よりうすら日あかき洗膾かな/赤尾兜子

天窓をひらいてみたるあやめかな/柿木多映

独活をむく天窓の雪失せて居り/蓬田紀枝子

閉店の体験の天窓は落ちないでない/加藤郁乎

さんくと/ぺてるぶるぐ全天窓かな/阿部完市

春の朝餉天窓の日ざしぽと落つる/飛鳥田れい無公

片天窓剃て乳を呑夕涼/一茶/文化十一年甲戊

芭蕉忌や三人三色の天窓付/一茶/文政四年辛巳

天窓から明けてくる歯車が歯車とうごく/栗林一石路

ひかりなき日輪天窓に銀河のごとく流れゆきたり/篠弘

夕立や大いさかいの天窓から/一茶/文政四年辛巳

炭舟や筑波おろしを天窓から/一茶/文化十年癸酉

小座頭の天窓にかむる扇かな/一茶/文政二年己卯

ひいき目に見てさへ寒き天窓哉/一茶/文政元年戊寅

三日月に天窓うつなよほととぎす/一茶/文化十一年甲戊

蒲公〔英〕の天窓はりつゝ猫の恋/一茶/文化十一年甲戊

タイトルとURLをコピーしました