校舎を使用した俳句

校舎に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

校舎を含む俳句例

冬菫校舎の上に海展け/宮津昭彦

藩邸を校舎とせし夏木立/上村占

命綱つけて校舎の雪卸す/菊池信子

小鳥来て机と移る新校舎/中田勘一

卒業歌木造校舎燥ききる/津田清子

葉桜や古き校舎に古き唱/堀口星眠

石叩校舎の上を歩きけり/岸本尚毅

不毛の陽一日校舎高く吊る/松澤昭

色鳥に杜の校舎の時の鐘/島村元句集

幾校舎玻璃かがやけり冬休/中田樵杖

弁柄校舎十人分のきのこめし/渋谷道

ひんがしに校舎二つの新走/平橋昌子

徴兵のない校舎には五月病/石村与志

花襲ふ霧が校舎を暗くする/木村蕪城

苗木置く明治の校舎がらんどう/原裕

野の校舎溝の蛙が鳴けば雨/田村了咲

内透きて花菜明りの小校舎/成田千空

虹の野の校舎教師ら白髪に/橋本鶏二

風音の校舎はなれぬ大試験/植松安子

凧の影校舎の窓が捕へたる/西村和子

俳句例:21句目~

凧上げてビルの谷間の校舎かな/啓又

校舎なき校歌の山や初景色/七沢実雄

麦の穂の中の校舎や午の鐘/島田青峰

校舎古り樫も古りけり夏燕/野上照子

友よかの海辺の校舎月見草/折笠美秋

没日さす校舎びは色春休暇/細見綾子

法師蝉校舎の北の玻璃ひびく/中拓夫

囀や不意に思へり校舎と樅/清水径子

百年の校舎に春の寒さかな/中山純子

入学や軍艦冨士を校舎とし/大橋櫻坡子

蝉のため一樹を残す校舎跡/松倉ゆずる

すかんぽや円型校舎風はらむ/丹野礼子

ゆく年の雪負ひしまま新校舎/塚田正観

リラ匂ふギヤマン窓の旧校舎/仙田洋子

試験いま校舎のどこの雀もきこゆ/篠原

吹奏楽卒業ちかき校舎より/猪俣千代子

誰もゐぬ校舎の灯り桜東風/片山由美子

避難所の校舎に目ざす水見舞/辰野文彦

初時雨校舎は昼を灯しおり/三上美津子

卒業や今はあとなき旧校舎/五十嵐播水

俳句例:41句目~

卒業生らしきが掃きし校舎裏/加藤正尚

避難所を解きし校舎の虫の闇/山田弘子

鍵提げて雨月の校舎見て廻る/真砂松韻

夏休み校舎に虹の壁画描く/小山たけし

風力計いそがし冬休みの校舎/藤井圀彦

風花の温泉郷の校舎半旗垂る/宮武寒々

風花やプレハブ校舎の笑い声/三浦北曲

新校舎に歌声ひびき草芽吹く/山下習子

新樹光挙手が言葉となる校舎/雨宮抱星

鵜の糞を售り校舎成る麦の秋/宮武寒々

節分の夜目に木の橋校舎うら/戸川克巳

校舎裏墓地と芽麦と谷へ陥つ/木村蕪城

葉桜や校舎に響くハーモニカ/浅野明慧

花リラの校舎は古き歌を窓に/石原八束

校舎高し西日受けたる窓並び/高濱虚子

梅雨寒や石棺のごと校舎響き/宮坂静生

校舎の間に紙を降らせり朝焚火/中拓夫

蕨萌ゆる墓域校舎に続きたり/木村蕪城

昼顔はどこへも逃げず校舎跡/久故博陸

じやがいもの花咲く丘の新校舎/上野澄江

俳句例:61句目~

三月や山の校舎に木のぬくみ/永野ヤヨィ

冬服のみんなに見える木の校舎/杉野一博

咲きけぶる樗の立てり校舎裏/檀原さち子

子の声のもどらぬ校舎合歓の花/井村育子

想い出もコスモスも揺れ旧校舎/山田裕子

松過ぎの列が校舎へ入りゆける/永井龍男

雨のひかり冬田に吸はる校舎裏/桜井博道

葉桜や校舎ありしと碑が一つ/松倉ゆずる

秋深し校舎一隅湯たぎらせ/鍵和田ゆう子

荒れ狂う銀河を校舎の裏で見る/西川徹郎

窓しめて魂ぬけ校舎干大根/竹下しづの女

冬木なかしろい校舎が浮いてゐる/河合凱夫

うなりつつ校舎を抜ける野分かな/田島道孝

放課後の紫蘇の香充てり校舎裏/能村登四郎

春月の丘校舎成り艦艇沈み果てぬ/藤後左右

鳩ら矩形に休む校舎でねむたい製図/穴井太

青葉木菟校舎の玻璃のみな眼なす/服部覆盆子

遠き校舎の歌ごえ製図のはや汗ばむ/古沢太穂

校舎より海見えバレンタインの日/小野さとし

花ふぶきぬけて吾子の校舎あり/やまなかみゆき

タイトルとURLをコピーしました