一望を使用した俳句

一望に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一望を含む俳句例

冬桜相模の湾を一望に/山本幸代

鯉跳ねて沼一望の冬を見し/原裕

放牧のその一望の風車/古館曹人

湾二つ一望にして心太/毛塚静枝

風吹くや磧一望鶏皮/佐々木六戈

一望に三川得たり初登山/秋山宏

一望の敗荷空の昏みけり/台迪子

長江へ百里一望花菜畑/荒井正隆

沼跳ねて鯉一望の冬を見し/原裕

揚雲雀海一望の埋立地/道川虹洋

柳絮飛ぶ塩田平を一望に/石村華子

はつ夏の海一望に唐津城/今村東水

わが墓所は村一望や青鷹/茂木喜子

一望怒濤の襟巻でする頬被/斎藤玄

白南風や海一望の観覧車/倉田静子

一望に京の五月や上の茶屋/浦濤聲

実朝の海一望の夏座敷/羽根尾一孝

一望の稲田豊かな湯川村/山口瑞穂

燕とぶ海一望の小学校/北村寿恵子

一望の刈田平野や春日山/佐藤三男

俳句例:21句目~

蒲生野の刈田千枚一望に/平松公代

一望の枯桑に山青き白き/京極杞陽

一握を採る一望の土筆より/島谷征良

一望にあらきの起伏春の霜/飯田蛇笏

一望の菜の花の風眼鏡押す/桜井博道

一望の刈田の中に己が田も/米澤勝廣

国中を一望にして花の宴/新子満州男

一望の白骨の谷雪あたたか/五島瑛巳

桐高く咲いて一望雨欲しや/只野柯舟

水禍田の一望の黄に秋の雲/宮武寒々

兼六園一望欠けし春がすみ/青木重行

深く溺れる肉親/村は一望に/穴井太

一望の海一望の花野かな/五十嵐信雄

一望の真夏の渓へ蝶降れり/仙田洋子

一望の麦秋仏教衰微して/山口超心鬼

白鳥の群一望のときめきに/古館曹人

筑波嶺の鳥居一望刈田かな/野瀬久嘉

羽黒山より一望の豊の秋/青柳志解樹

花の谷過ぎゆく刻を一望に/河野美奇

菜の花や一望千里山もなし/三浦斗牛

俳句例:41句目~

一望の田に夕風や送り盆/深見けん二

一望の稲田母なる大野川/渡辺/彦陽

奴の国を一望せんと登高す/福田/正

風光るカルスト台地一望に/石浜純子

敗荷の一望こらえ性なくて/岩崎波久

高城を一望にして初茶の湯/藪口弥生

葡萄棚一望に透け甲斐の冬/秋山花笠

欲すれば一途に羞じぬ一望海/橋本夢道

一望に唯鵙の尾の動きけり/東洋城千句

氷見の海一望にして桜東風/越桐三枝子

一望の冬海金粉打ちたしや/中村草田男

一望の廃墟に似たり蓮の骨/渋谷のぼる

一望の枯れといふべし草千里/吉田美和

一望の植田は風にそよそよと/福岡重人

一望の渓蒸しあがる驟雨かな/仙田洋子

一望の港の照りに蒲団干す/寺島ただし

一望の雪野に畦の井の字かな/二瓶洋子

一望の黄すげや嶺々は雲中に/大熊輝一

信濃いま枯れ一望の山河かな/水原春郎

八ケ岳一望にして種を蒔く/青柳志解樹

俳句例:61句目~

黄をもつて一望を刷き秋深し/富安風生

夕焼も海も一望にしてしじま/田中妙子

身も透くやただ一望の冬の海/中村苑子

妻癒えよ一望に初富士初浅間/西本一都

山形米はえぬきの田を一望に/高澤良一

一望の野の一隅の夕立かな/正木ゆう子

一望に佐久市小諸市林檎園/深見けん二

桑剪るや梅雨一望の沼景色/水原秋桜子

植田など見ゆるむつ市を一望す/清崎敏郎

一望の海ひかりけり曼珠沙華/松本ヤチヨ

一望の青田死すべきところなし/川崎真彌

一望の扇状地欲し罌粟蒔かむ/正木ゆう子

一望薫風静臥の友に笑み多し/平井さち子

一望の穂田やどこかに法師蝉/米沢吾亦紅

若き医師ら集ふに一望の干潟/波多野爽波

武漢一望の丘をめぐりて菊かをる/滝井孝作

山葵田を一望にしてケルン立つ/松本サキ子

弥生期過ぎたり一望の野の春疾風/金子兜太

一望に枯草の曳く光りかな/吉武月二郎句集

火の山の暮れ映ゆる菜花一望に/大須賀乙字

俳句例:81句目~

刈田一望馬のまたぐらさびしかり/磯貝碧蹄館

しろがねに照る千曲川みえかくれ一望千里あんずは咲けり/松坂弘

タイトルとURLをコピーしました