魑魅(すだま)を使用した俳句

魑魅(すだま)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

魑魅(すだま)を含む俳句例

悴むや岩に魑魅の水の音/古舘曹人

林中のすだま小声に水芭蕉/早坂俊三

袖白き魑魅の形代吹かれけり/古舘曹人

魑魅らのわわけ凍りぬ老女舞/矢島渚男

魑魅来て夜毎の棟に腰かくる/横山白虹

黒揚羽地を歩くとき魑魅となり/上野泰

山すだまに木魅答へて杉の月/正岡子規

月明の氷柱すだまを放ちけり/村上高悦

満月のさくらの魑魅呼びかはす/矢島渚男

獄に棲む魑魅が手毬ついてをり/角川春樹

雪こんこん魑魅も眠る夜ならむ/西宮/舞

霧の夜の魑魅に水車の足払ひ/文挟夫佐恵

ルンペンとすだまと群れて犬裂ける/篠原

霧積の霧の戸叩く夜のすだま/文挟夫佐恵

椎の樹の魑魅とあそぶ野分かな/藤田あけ烏

集へるはいずれも魑魅牡丹焚く/高野ムツオ

山彦をぬすむすすきのすだま見つ/栗生純夫

暮れぬれば海のすだまの月に啼く/太田鴻村

椎の樹の魑魅とあそぶ野分かな/藤田あけ烏

秋深き木をゆりをるはすだまかな/太田鴻村

俳句例:21句目~

雪解光すだま棲みつく大き甕/鍵和田ゆう子

霧の夜は女すだまに魅入られぬ/稲垣きくの

魑よび合ひ夜の木の葉の飛翔力/平井さち子

おいらん草見てめつむれば白き魑魅/山口青邨

蚊帳といふ森失せて彼の魑魅らも/文挾夫佐恵

どんど焼きすだまは人の手のかたち/寺田京子

ましら酒酔うてすだまと出会ひたる/手塚美佐

タイトルとURLをコピーしました