戯れ(る)を使用した俳句

戯れ(る)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

戯れ(る)を含む俳句例

初凪や波に戯れ二少年/山口青邨

雪洞の戯れ絵拙し宵祭/高澤良一

戯れに雀ころがる鉢叩/宮坂静生

春の波戯れ行けば戯れ来/上野泰

秋麗ら水辺に犬の戯れて/浜喜久美

箱枕てふ戯れも秋の夜半/都筑智子

炎天にたはむれあせし牛の舌/原裕

戯れる蝶より白し韮の花/林真砂江

洗ひ場を戯れだまり水馬/荒井正隆

薄雪の夜をたはむれの北枕/岩村蓬

雪間草早くも風と戯れて/林真砂江

春なれや水に光の戯れて/大井戸/辿

戯れに母うつ獨樂の廻りけり/上野泰

月光ほろほろ風鈴に戯れ/荻原井泉水

戯れに触れ手袋に恋をさす/三好潤子

小休みや芋苗売に戯れつゝ/石塚友二

虫干の振袖纏ふたはむれて/品川鈴子

葭簀小屋犬が筋斗うち戯れ/下村槐太

子と春の波の戯れいつまでも/上野泰

たわむれる闇も光も桜散る/五島高資

俳句例:21句目~

鍋蓋で戯れ舞ひ神楽女正月/米田一穂

たはむれに螢袋の口封ず/片山由美子

たはむれの廓太鼓や勇の忌/敷波澄衣

戯れに何ぞあらざるお松明/攝津幸彦

戯れに癌を笑ひてむぎこがし/牧石剛明

戯れ風鶏頭のみを倒したり/相生垣瓜人

春愁のたばこ一本たはむれに/山田弘子

戯れの八卦当るもおぼろの夜/平野芳子

土筆踏むや水茎の岡と戯れて/尾崎紅葉

夏雲や犬と戯れピエロ老ゆ/岡部六弥太

たはむれに蛸壷を買ふ冬日和/丸山哲郎

戯れむ年ならなくに万愚節/相生垣瓜人

たはむれに枕く籠枕髪噛みぬ/大石悦子

戯れが本気の防風摘みとなり/大島邦子

戯れてあはれ麗らの喪の童女/清水基吉

鉦叩たはむれ打ちもあるべしや/下鉢清子

ふりそゝぐ日に戯れて朱欒もぐ/石田波郷

児に戯れゆく旅芸人の日傘かな/野村泊月

婆瞽女の戯れ唄どつと炉火煽る/竹田菁雨

恥しらぬ老の戯れや節季ぞろふ/黒柳召波

俳句例:41句目~

戯れか必死か鶺鴒玻璃戸打つ/百合山羽公

戯れに刈田の鳴子鳴らしけり/高橋淡路女

鳥影の玻璃にたはむれ大石忌/長谷川洋児

戯れの遺書は螢のことばかり/小泉八重子

戯れ言で別れてきしが風花す/小泉八重子

鳴子縄たはむれに引くひとり旅/中村苑子

鶺鴒のたはむれにくる早苗取/八木林之介

瓜を食ひ戯れ言二三の濡るる唇/原子公平

たはむれに呼べば寄り来る北狐/石田幸子

たわむれに老い行く如し冬の海/永田耕衣

たわむれの爪の華やぎ巴里祭/服部すえ子

雑炊や戯れ語の父のけぶらへる/大橋敦子

仮面買ふ旅の夜店のたはむれに/岩田道子

兄弟喧嘩暖簾の端もたはむれて/香西照雄

日ざかりの風山萩にたはむれぬ/西島麦南

水底に戯れ合ふは誰菱ゆらす/平井さち子

神々のたはむれし地や青踏める/橋本榮治

議事堂の守衛に戯れる春の猫/井上千恵子

生死渇くやつつじ戯れに岩に落ち/竹中宏

かけのぼる波に若葉が戯れ騒ぐ/池田音次郎

俳句例:61句目~

日影恋うて歩けば犬に戯れられし/林原耒井

たはむれせむとアラブ幾千宵の秋/小池文子

父と戯れ母とたはむれ雪こんこん/吉原文音

秋風やたはむれに買ふ鬼の面/鍵和田ゆう子

からたちの垣刈る人に蝶たはむれ/中尾白雨

藤の蜂たはむれに来るわれの方/篠田悌二郎

父と戯れ母とたはむれ雪こんこん/吉原文音

虫干の木偶たはむれに泣かせけり/西村梛子

冬の雲舞ひたはむれて暮れにけり/石原龍人

ひとでふみ蟹とたはむれ磯あそび/杉田久女

かげろへり戯れあへばわれも死も/河原枇杷男

椰子の葉と影戯れるハンモック/小笠原須美子

たてがみを編むたはむれや五月闇/吉本伊智朗

逝く夏や犬に戯れ居れば夜汽車過ぐ/宮武寒々

たはむれに落花の渦のわれを捲く/中戸川朝人

たはむれにハンカチ振つて別れけり/星野立子

たはむれにモンローウォーク南風のなか/高澤良一

たはむれにくらがりにをる秋涼し/飛鳥田れい無公

たはむれに爪染めてみる女正月/杉山やす子/『梅東風』

タイトルとURLをコピーしました