故人を使用した俳句

故人に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

故人を含む俳句例

秋晴て故人の來る夕哉/正岡子規

童顔の故人も来よや菊根分/上村占

爐開や故人を會すふき膾/正岡子規

門を出て故人に逢ひぬ秋の暮/蕪村

夕方の故人優しや迎春花/池田澄子

梅柳の故人茶に又雪の朝朗/松岡青蘿

繙きし故人の書より枯紅葉/田中冬二

霜月や故人おほかた男なり/鈴木鷹夫

表札も故人のままや露の家/中杉隆世

移り住む家や故人が茎の石/浜田波静

わけもなく故人の話菊根分/星野高士

秋風や故人に朱引く金蘭簿/河野静雲

葬式に来ている故人龍の玉/森田智子

歳晩の雑踏故人まぎれぬる/山口青邨

初時雨故人の像を拝しけり/夏目漱石

四明忌や城北会は皆故人/名和三幹竹

埋火やありし故人の恋の文/小沢碧童

夜の壁に故人の鏡雪や来る/渡邊水巴

故人みなよき顔に冬深し/宇多喜代子

おほかたの故人空しや鳴雪忌/高濱虚子

俳句例:21句目~

虫干に故人の愛でし衣裳あり/片岡我当

豆飯を供へ故人となられたる/高野素十

野ざらしの故人しのべば身は軽し/原裕

雨蛙故人が好きで鳴きにける/岸風三楼

雪舞へる石門になほ故人の名/飯田龍太

パリ西日意中の画家はみな故人/皆吉司

一つ家に故人とふたり秋の暮/中村苑子

元日や故人もわらひ倶会一処/河野静雲

風知草故人はゆめに前のまま/藤田湘子

魂まつり故人桔梗を好みけり/野村喜舟

年迎ふ故人の部屋に灯を点し/中嶋秀子

鳥帰るテレビに故人映りつつ/岸本尚毅

鳥雲に故人の句集世に出づる/橋本鶏二

我を訪ふ故人心ありうら若葉/正岡子規

故人と居る思ひ小春の白障子/村越化石

故人にも十年のとし竹落葉/百合山羽公

故人のみ昃る写真芦は青し/中戸川朝人

故人の書追憶やまぬ冬座敷/堀田みつ子

故人やや遠きはなやぎ絵燈籠/皆吉爽雨

暖かや紙背に透けし故人の句/白石不舎

俳句例:41句目~

若竹や故人しきりに夢に入る/会津八一

枯草の日の中にゐる故人かな/日美清史

紅梅と故人のごとく対しけり/富安風生

母を恋ふ故人の句あり銀杏散る/岸風三楼

逢ひたきは故人ばかりよ秋の風/結城昌治

しぶしぶと秋雨の夜の故人の書/田中冬二

まへうしろ左右も故人ら探梅行/熊谷愛子

緑立つ故人に物を問へとこそ/神尾久美子

冬日向目つむれば臥す故人見え/飯田龍太

故人より借りつぱなしの黴句集/草間時彦

能を見て故人に逢ひし師走かな/高浜虚子

見て過ぐる故人の書屋秋すだれ/亀井糸游

故人多き思ひに仰ぐ秋の山/安斎桜カイ子

故人の間網戸のうちも固く締め/手塚基子

故人との夢ばかり見て梅便り/伊丹三樹彦

新豆腐夕べ故人の唄う聞く/長谷川かな女

悪しき冬来るや故人を装ひて/相生垣瓜人

故人来れり何もてなさん梅の宿/正岡子規

故人思ふや風炉の名残を妻とゐて/原石鼎

雪降りをり夢に故人の向うむき/松村武雄

俳句例:61句目~

秋灯下子ととり出しぬ故人の書/田中冬二

秋風やありし句稿に故人の朱/五十嵐播水

月今宵故人まぶたにうかむや夢/松岡青蘿

秋風や逢ひたきひとはみな故人/結城昌治

炭のにほひす故人爐の端へ来る/中塚一碧樓

ががんぼに偲ぶ故人のありにけり/下村槐太

もの芽出づ故人に逢ひし思ひあり/福田蓼汀

冬河原故人はバスからも降りず/今長谷蘭山

並木座の故人ばかりを観て日永/土橋たかを

故人おもふや風炉の名残を妻と居て/原石鼎

故人住みて煙草懸けたる小家かな/高浜虚子

餌音をふるふ故人職場の籠雲雀/中村草田男

紅梅にホ句に故人はうるはしき/深川正一郎

虫干しの一間故人のものばかり/大場美夜子

虫鳴いて故人は老いることのなし/高木石子

黐の花咲けば故人のことさらに/深見けん二

この日かずの故人をおもふしぐれ哉/加舎白雄

故人の書に出でし抜髪冷えきはむ/中戸川朝人

端居せるほとりみづみづしく故人/赤松ケイ子

湯気立てゝ故人を待てるごとくなり/五十嵐播水

俳句例:81句目~

懸りゐる故人の額や夏座敷/高浜虚子「六百五十句」

タイトルとURLをコピーしました