暫しを使用した俳句

暫しに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

暫しを含む俳句例

燈籠や灯せし心暫しあり/迷堂

夜蛙の門をとざしに来て暫し/貞

登高や畑の中の道暫し/皆川白陀

土用浪暫し泡沫漂はせ/高澤良一

軒庇秋の時雨を暫しのせ/上野泰

藪入て暫し炬燵の主かな/角田竹冷

行水の音暫し絶え暫し絶え/杉本零

伝針にかはほり暫し羽休め/多代女

影落して漆かき居し暫しかな/篠原

餅腹を暫し伸ばして狢の湯/高澤良一

盆の月暫し燈籠と重なりぬ/富安風生

二重橋に暫し止りし参賀かな/衣沙桜

汐干狩時間を暫し棚あづけ/高澤良一

香水の一滴の香に暫しかな/京極昭子

出航に暫し間のあり海月みる/平尾圭太

句を案じ暫し朝寝も虚子掌上/高澤良一

山茶花に暫しの西日とどめをり/上村占

甘酒や熱きを吹きて暫しあり/尾崎迷堂

祇王寺の佛間に暫し鵙を聞く/高澤良一

立春の鳶暫しあり殿づくり/阿波野青畝

俳句例:21句目~

紅葉谷いま暫し行き憩はんか/高浜年尾

暫しその柴折るな爐に蟲近し/高田蝶衣

茶屋餅屋暫し砂糖ある花の山/井原西鶴

揚まりや暫しかゝりし月の雲/松岡青蘿

衣更へて是非の境に暫しあり/高田蝶衣

錦蛇暫し見てゐてのぼせけり/高澤良一

花に来て遊べる風を暫し見て/高澤良一

くちなしの匂ふこの家に今暫し/京極杞陽

夜振火の屑なり暫し道照らす/阿波野青畝

夫先きに寝ねて湯気立つ無為暫し/及川貞

猪撃ちしをののき暫し静まらず/三星山彦

濡れ縁に坐して暫しや走り梅雨/草間時彦

羅匂ふ暫し漫画を繰る芸妓/鍵和田ゆう子

舞台暫し空しくありぬ壬生念仏/高浜虚子

蓮の実のよくとぶ日和ここ暫し/井桁蒼水

洗ひたる硯に暫し待しにけり/相生垣瓜人

お出ましの守宮と暫しにらめっこ/高澤良一

御降に暫しの国旗仕舞われて/山崎よしひろ

暫しゐてまた木の実落つ父母の墓/草間時彦

眼を閉ぢて月の砂漠に暫し立つ/池内友次郎

俳句例:41句目~

戸口暫し天日仰ぐ黒セーター/鍵和田ゆう子

我入れば暫し菖蒲湯あふれやまず/高浜虚子

出でそめし蚊を聞きすます暫しかな/松藤夏山

草枯れんとして暫しありまだ生きつ/長谷川零餘子

タイトルとURLをコピーしました