草の根を使用した俳句

草の根に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

草の根を含む俳句例

草の根の上で足踏み冬霞/中田剛

闇涼し草の根を行く水の音/露月

流れつつ白き草の根夕河鹿/桂信子

ゆふ風や草の根になくむしの声/野梅

田々太鼓菠薐草の根が太り/森田智子

風花に木の根草の根しづかなり/湘子

うそ寒や草の根這へる裏の山/永田耕衣

はは恋へと菠薐草の根の赤し/柴田菁景

二千年鬚のかたちの茜草の根/柚木紀子

元日や草の根方の霜じめり/上川井梨葉

地に覚めて木の根草の根雛祭/矢島渚男

夏果つる草の根長く流れけり/西沢和子

夕立来る木の根草の根鞍馬石/黒田杏子

小滝の辺臆して草の根伝ふ水/香西照雄

男老いて春草の根を嗅ぎ見哉/永田耕衣

神農に木の根草の根祭りあり/稲垣黄雨

枯草の根かたに雨をふくみをり/上村占

草の根を鼠のかぢる師走かな/正岡子規

しんじつの草の根沈み蛇は穴へ/金子兜太

冬草の根つくしたるみどりかな/長谷川双

俳句例:21句目~

坐禅草の根分けに暑き日影かな/会津八一

夏惜しむ荒草の根のすさまじき/松村蒼石

引いて悲しき日陰の草の根無草/相馬遷子

秋いまだ草の根しろく水の中/宇多喜代子

秋もはや日向の草の根がしめり/長谷川双

草の根の引き感じをり盂蘭盆会/齋藤愼爾

草の根の生きてかかりぬ崩れ簗/後藤夜半

草の根の蛇のねむりにとどきけり/桂信子

草の根も深き木の根も冬に入る/藤田湘子

草の根をたたいて捨つる呼子鳥/柳澤和子

抜く草の根の皆きれて暑さかな/西山泊雲

つる草の根の強かに芙美子の忌/大庭三千枝

草の根に日のゆきわたる建國日/三田きえ子

草の根をこほろぎまたぐまひるかな/中田剛

草の根を分けても春を惜しむかな/橋石和栲

タイトルとURLをコピーしました