海荒るを使用した俳句

海荒るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

海荒るを含む俳句例

恐竜の卵の中の海荒れて/藤森清子

七月の海地球儀の青い海/荒井菊子

海荒らぶ日の春と言ふ大欅/松澤昭

室咲きの桃蛸壷に海荒るる/梅木酔歩

海荒れて膳に上るは鰯かな/高濱虚子

海荒れて淋し雁鳴く猶淋し/中川富女

海荒るゝ浜昼顔に吹く風も/藤松遊子

煮凝や達治対ひし海荒るる/白井眞貫

海荒れて淋しきかなや針祭/細見綾子

春潮といふには越の海荒し/下村梅子

一念の冬帽押え海荒るゝ/米沢吾亦紅

一舟に建国の日の海荒るる/佐川広治

海荒れのまま暮れわたる秋思かな/脩

時鳥紀の海荒れて月もなし/正岡子規

海荒れて机の上の竈馬かな/岸本尚毅

桜貝西風に和泉の海荒れて/茨木和生

鰤揚げてより節分の海荒るる/早崎明

民宿の海荒るる日を冬仕度/鈴木鷹夫

解禁を明日蟹漁の海荒るる/久保英二

夾竹桃花のをはりの海荒るる/桂信子

俳句例:21句目~

海荒れて海際の稲しづまらず/津田清子

海荒れに汐汲む海女や栗の花/山口誓子

海荒れのあとの静かや桃の村/籾山柑子

ところてん掌中に海荒れてゐる/朝田生

海荒れの窓を閉しぬ雛くらし/岡本松浜

海荒れる日は秋耕の島ぐらし/山本圭子

アカシヤの花散り急ぎ海荒るる/中原槐

海荒れをふつきる蝶の高さなり/松澤昭

野水仙海荒るる日は濃く匂ふ/高橋悦男

陶の沓凍てあをあをと海荒るる/石寒太

鰤敷や海荒れぬ日は山荒るる/西本一都

内灘の海荒るる日やあすなろ忌/林和子

冬の海荒ぶ熊野が地鳴りして/茨木和生

夏蝶や目の高さにて海荒るる/加藤憲曠

寒雷の後の日の出に海荒し/水原秋桜子

山越せば海荒れて居る芒かな/阪井二星

岩に蜥蜴蟹は木の根に海荒ぶ/金子兜太

揚舟に昼の虫鳴き海荒るゝ/荒川あつし

橋立の海荒れつゞき鴨来る/島谷王土星

洞ぬちに神還りまし海荒るゝ/大橋敦子

俳句例:41句目~

裏白の乾反りて石狩海荒るる/山部栄子

海荒るる鰤おもへりき患者食/石川桂郎

海荒れてゐて根釣には好き日和/藤井十三

花守の海荒るる日の嘆きかな/永島理江子

いちまいに海荒れてゐる置炬燵/古舘曹人

籐椅子に海荒るる日の衿きよし/中嶋秀子

海荒るゝ夜は寒海苔の水きらす/萩原麦草

波型に雪少し置き海荒るる/阿部みどり女

二日灸海荒れてゐる村ばかり/大峯あきら

積丹の海荒るる日や葦を刈る/村上みきお

昼顔や来て見れば海荒れてゐる/鈴木花蓑

海荒れに栴檀の実の落ちやまず/山口誓子

枇杷の花海荒るゝ日は船遠く/今井杏太郎

天草海女髪梳きあひて海荒るる/今岡碧露

海荒れて春の星ともなかりけり/相馬遷子

雁供養星見えぬ夜は海荒れて/成瀬櫻桃子

鮟鱇鍋みちのくの夜の海荒るる/鈴木夢亭

海桐の実ニライカナイの海荒れて/邊見京子

水仙や来る日来る日も海荒れて/鈴木真砂女

海荒れて麦を踏みゐる伊良湖かな/岡田耿陽

俳句例:61句目~

海荒るゝ日の海女たちは藺草刈る/梧桐青吾

海荒るる夜の火種ほる小さな火鉢/大橋裸木

黄を濃くし海荒れる日の石蕗の花/秋田澄子

盆すぎの海荒れてをるすすきかな/太田鴻村

秋の海荒るゝといふも少しばかり/高浜虚子

みんなみの海荒れてをり明易し/深見けん二

コロンボの沙羅桃色に海荒れだす/伊丹公子

海荒れて大佐渡小佐渡冬に入る/山中阿木子

今日の月生むたかぶりに海荒るる/高橋悦男

佐渡見えず海荒るるのみ良寛忌/清田阿賀人

雁風呂や海荒るゝ日は焚かぬなり/高浜虚子

海荒るゝばかりや千鳥それつきり/大橋秀鳳

海荒るる漁家のすが漏り炉の上に/加藤憲曠

海荒れてこの浜に雁風呂ありそうな/永野孫柳

茄子もぐや海荒れてゐて日の出づる/岩木躑躅

手に持てる白羽破魔矢に海荒るる/野見山朱鳥

塵捨てて秋の海荒れながめゐる/阿部みどり女

百足虫出づ海荒るる夜に湛へがたく/山口誓子

あめつちの凍ゆるみつつ海荒るる/野見山朱鳥

ひとひらの海荒れひまはりさん然と/柴田白葉女

俳句例:81句目~

雛まつりしづかなる日の海荒るる/阿部みどり女

あらせいとう刈り捨てに海荒れてをり/小野恵美子

タイトルとURLをコピーしました