黒潮を使用した俳句

黒潮に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

黒潮を含む俳句例

黒潮の中の一点鰹船/坂本鬼灯

黒潮へ傾き椿林かな/高濱年尾

黒潮の荒磯狭しと初鴉/楓巌濤

鯉幟沖を黒潮とほりゐる/中拓夫

黒潮の礁を砦に天草海女/楓巌濤

黒潮を貫く海女の命綱/山下兎月

黒潮の沖が雲呼ぶ袋掛/岩崎洋子

黒潮を二枚三枚白拍子/夏石番矢

黒潮と別るる岬雁渡し/鈴木鷹夫

花曇黒潮曇いづれとも/伊藤柏翠

鳥帰る黒潮しぶく熔岩岬/阪井節子

黒潮を眼下に竜馬像暮春/宮武寒々

黒潮の人にもなり髪洗う/中村竹子

初東風に沖黒潮の帯太く/富安風生

坊津に黒潮やすむ仏桑華/矢島渚男

黒汐の海夏蜜柑落果して/右城暮石

岬鼻を黒潮洗ふ椿かな/深見けん二

探梅や黒潮流るあきらかに/中拓夫

黒潮を控へて岬の寺の梅/高濱年尾

黒潮や渓に沿ひ来る夏遍路/林晴美

俳句例:21句目~

黒潮へ傾いてゐる葱坊主/坊城俊樹

湾に入る黒潮の波干大根/川崎展宏

黒潮は旧正荒れや卓球す/宮武寒々

黒潮の騒ぐ匂ひや鯨追ふ/田中化生

黒潮の闇に灯れる鯖火かな/楓巌濤

黒潮のうねりて秋刀競る町に/青畝

黒潮の風立つ島の鬼やらひ/佐野美智

うごきゆく黒潮が見ゆ花茨/大屋達治

黒潮へ揺るる思慕かも島桜/渡辺恭子

黒潮も端はみどりぞ大南風/伊藤通明

初東風に沖黒潮の帯をひく/富安風生

壺焼や夜も黒潮の流れゐる/井上康明

黒潮か血しほ岸を打つ硫黄島/中勘助

竹皮を脱ぐ黒潮の高鳴りに/渡辺恭子

遍路笠沖は黒潮流れをり/益本三知子

長子得し胸に冬黒潮の紺/大岳水一路

鰹舟南風の黒潮漕げり見ゆ/西島麦南

鳥雲に入る黒潮の憮然たり/鈴木鷹夫

鷹渡るとき黒潮の満つる音/宮田正和

黒潮にふるゝ銀河の響かな/武田玄女

俳句例:41句目~

黒潮に秋がひろがりゐたりけり/柏禎

黒潮のいろ濃き鮪糶り落す/松本幹雄

黒潮のうねりの彩の握り鮨/富田昌宏

黒潮の遠かがやきに桃の花/織田鶴子

黒潮の下の径ゆく遍路かな/中島月笠

黒潮の帯あきらかに海四温/井沢正江

黒潮の気勢に乗りて船起し/大西比呂

黒潮の沖に島ある朧かな/福島せいぎ

黒潮の海より立てり雲の峰/道先凛宗

黒潮の潮の岬のさくらかな/原子公平

黒潮の色香染み込みたる鰹/岩城鹿水

黒潮の風に色もつ金盞花/長野美恵子

あたたかや黒潮逃ぐる指の股/高井北杜

つちふる夜黒潮を来し鰹食ふ/矢島渚男

黒潮のとどろき寄する深田打/渡辺立男

黒潮のその色なせる鰤を揚ぐ/前田鶴子

黒潮の沖へひびきて行々子/深見けん二

黒潮を食い散らしゐる伊豆の国/佃悦夫

黒潮のうねりて太し雲の峰/溝口みさを

黒潮の黒の深まり菜種蒔く/延平いくと

俳句例:61句目~

天の川真夜黒潮とゆれかはす/渡辺恭子

黒潮のどよもしてゐる蕗の薹/高木良多

黒潮の午後のかゞやぎ椿照り/高濱年尾

黒潮に影もこぼさず鳥渡る/上野さち子

黒潮のうねりを沖に畑を打つ/安福春水

ホピー摘む声に黒潮応へけり/赤羽正行

黒潮の風あたたかき冬の蝶/土永竜仙子

黒潮の寄せる白波海桐の実/青木起美子

はや花菜黒潮も端はみどりなす/宮津昭彦

黒潮の沖透くままに鵯の木々/佐野まもる

黒潮に突き刺さりては飛の群/長谷川閑乙

黒潮に秋陽たゆたひねむりけり/中川宋淵

野馬に霧ながれ黒潮夜も蒼し/神尾久美子

若菜野に黒潮の風ゆきわたり/猪本清代子

黒潮は鰤場鰤場を経ていたる/長谷川素逝

黒潮や憚かるごとくすみれ淡く/香西照雄

枇杷啜り土佐の黒潮したたらす/渡辺恭子

黒潮を流れ来たりしさくら貝/神尾久美子

黒潮を越え来し漁夫に愛の羽根/南光翠峰

黒潮の香のいまだある鰺叩く/間地みよ子

俳句例:81句目~

病みぬけし寒の黒潮ながれたり/千代田葛彦

椿は実に黒潮は土佐を離れたり/米澤吾亦紅

梅雨明くる黒潮の黒引き締まり/竹本仁王山

海苔掻きの手を黒潮に曳かれけり/古舘曹人

蘇鉄咲き黒潮荒き雨降らす/神尾季羊「石室」

フレームや黒潮の玻璃めぐらすか/加藤三七子

黒潮の紫紺に夏は立ちにけり/渡部抱朴子「天籟」

タイトルとURLをコピーしました