馬の耳を使用した俳句

馬の耳に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

馬の耳を含む俳句例

遠雷や笠より出たる馬の耳/龍岡晋

橇馬の耳の動きに吹雪泣く/石川桂郎

異見など投頭巾着て馬の耳/黒柳召波

苗札や雨をいやがる馬の耳/小原俊一

馬の耳すぼめて寒し梨の花/各務支考

馬の耳豚の尾寒鴉に与える/松本勇二

人馬湧きその馬の耳天を剌す/片山桃史

啓蟄やぴくりと動く馬の耳/日比野睦子

餅を搗く方へ全き馬の耳/宇佐美喜代治

馬の耳うごくばかりや花曇り/飯田蛇笏

木曾馬の耳すこし立ち秋しぐれ/鷲谷七菜子

白南風のからまつやまへ馬の耳/鷲谷七菜子

馬の耳見てゐれば東風吹きにけり/高千夏子

タイトルとURLをコピーしました