呟くを使用した俳句

呟くに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

呟くを含む俳句例

裘一番星と呟けり/飯島晴子

葬列の呟滲む天の凧/上村占

七日喪の霜の甘藍呟きぬ/岸田稚

呟いて遅き湯に居る冬隣/岡本眸

梟の夜の呟きを鳴くといふ/林翔

春と呟く唇を湿らせて/林なつを

壺焼に呟かれゐて箸休む/福永耕二

枯芦の日に呟くを俳言と/高澤良一

水餅の呟を聞く文弱なり/清水冬視

火の島に呟いている鮃かな/八村廣

箱釣の隅に呟く布袋草/百合山羽公

糶声に何か呟く海鼠かな/大橋敦子

草蜉蝣真昼の山湖呟ける/望月紫晃

農夫酔ひ呟きあるく秋祭/伊東宏晃

島人の呉れし浅蜊の呟けり/大串章

渋柿は不作知らずと呟けり/石川重治

春正に呟き出づる門四五歩/石塚友二

火星近づく海が呟き蟹呟き/横山白虹

命あるものの呟く二月かな/滝川名末

こほろぎが呟く遠き恋の唄/内藤吐天

俳句例:21句目~

猟解禁暁のつつ音呟けり/軽部烏頭子

冬晴の柿を花かと呟いて/伊丹三樹彦

冬霧をゆきて祈りぬ呟きぬ/堀口星眠

煮凝やいのち重しと呟くも/角川春樹

朴落葉ふわつと何か呟けり/津田清子

呟くに人が応へて土用なり/岡井省二

藍華の呟き続く去年今年/由木みのる

芦刈の風に呟く声すなり/団藤みよ子

花曇り呟きて去る屋かな/飯島みさ子

己れもの言はねば炭火に呟かる/林翔

餅搗けり男声呟き女声弾け/加藤楸邨

含め煮の鍋の呟く夜長かな/矢嶋あきら

呟いているは老いなり雪囲い/田中徹男

呟きて独りの豆を撒きにけり/小坂順子

呟きのように句生まれ秋うらら/益田清

呟きは黄泉につながる鳳仙花/橋石和栲

呟き稼ぐ老ひし軽子の水洟は/小林康治

呟ける黒人に蹤き雨月なる/中戸川朝人

きつつきと呟き交はす雪の坂/堀口星眠

浮寝鳥連れがぽつりと呟けり/椎名書子

俳句例:41句目~

河豚煮るやひとり呟く愛憎言/石田波郷

猪鍋のところどころの呟きぬ/細川加賀

白樺の芽吹き朝日に呟くごと/高澤良一

鳥雲に長寿かなしと呟ける/古賀まり子

春暁やおのれ呟く足の冷え/稲垣きくの

ひしめきて墓群呟く春昼夢/稲垣きくの

囁かれ呟かれけり秋立つと/相生垣瓜人

一歩出て夜霧の深さ呟き去る/中島斌雄

花種蒔く呟きて世を忘れつゝ/堀口星眠

一語づつ呟いて咲く枇杷の花/西美知子

言はざりし抗議呟く梅雨の傘/佐野美智

貝族の呟き冬はこれからです/三橋鷹女

我が名楸邨汗の沈黙に呟かる/加藤楸邨

父の日と言われ父の日かと呟く/有働亨

髯の神父呟き登る基地の坂/田川飛旅子

くわいの芽しばし呟く神の声/関根黄鶴亭

童話作家と蟹の呟き聞きゐたり/奈良文夫

松立ててひとり呟くこれでよし/高澤良一

みやこ逍遥蝉とまらせて呟いて/阿部完市

カーテンを引きて呟く秋の暮/永田耕一郎

俳句例:61句目~

呟くや寒夜マラソンに追抜かれ/細川加賀

呟ける蝉あり夜も更けたるに/相生垣瓜人

宿場町のつつじ呟きだすひぐれ/伊丹公子

秋行くと呟いてから句座へ行く/小出秋光

菖蒲湯に四肢をいたはる呟きよ/河野南畦

寒く剃り寒く呟やく「還暦か」/楠本憲吉

呟いてゐしが若菜を摘みはじむ/吉野俊二

浅蜊呟きゐたり酔後の水飲めば/細川加賀

みんみんのみんの呟き唇に合ふ/岡井省二

かぎろへば墓ら呟く気配みす/稲垣きくの

磯に沿ひ歩けば石蓴の呟きごと/高澤良一

柿に向きわれに聞かせん呟きか/中戸川朝人

師恋しとひとりが呟き朴葉落つ/平井さち子

夢の中わたしは緋鯉誰か呟く/一ノ瀬タカ子

呟くたび咲きて茶の花月夜なり/平松弥栄子

呟やきげなりしちちろに耳を藉す/後藤夜半

剣客シラノさながら夜蝉の呟くは/高澤良一

寝て秋夜胎の子に妻呟くか/赤城さかえ句集

汗し呟くその名聖ヨハネ/ヴィアンネ/岸田稚

寒厨や「バカ」と呟くときの本気/平井さち子

俳句例:81句目~

お降りの呟き止みて昏れにけり/阿部みどり女

たなぞこの木の実呟くこゑと聴く/稲垣きくの

紫陽花の辺過ぎつ呟く「十年もてば」/岸田稚

荒磯みおろす零余子の呟きてのひらに/伊丹公子

診られ来し寒夜呟くうるさきまで/赤城さかえ句集

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました