一年を使用した俳句

一年に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一年を含む俳句例

一年を狢評定夜明まで/其角

古壁にまた一年や初暦/平赤絵

古巣箱一年三組某と/山田弘子

一年を高でくくつて初夜明/曾良

一年の計まだ立たず初詣/桂信子

一年に一度摘まるる薺かな/芭蕉

一年や狢評定夜明まで/榎本其角

一年の風吹きわたる古暦/正岡子規

一年はよくも経にける命かな/成美

皹の妻の手一年長かりし/椎橋清翠

簑和田の鯉の運上一年物/井原西鶴

泥縄の一年が又始まれり/高澤良一

苗売や一年振りの顔馴染/内藤久子

一年に一度集まる桜かな/齊藤美規

茫洋とある一年や初日記/鈴木栄子

退院のはや一年や大石忌/石村与志

一年の丹精こゝに菊の花/正岡子規

一年の企業の起伏賞與渡す/上野泰

一年の心の煤を拂はゞや/正岡子規

一年の無事を祈りて初暦/多田生湖

俳句例:21句目~

死者の山一年呆け蕨また/和田悟朗

朽臼に又一年や合歓の花/西山泊雲

一年の計を心に織初め/松本ます枝

明治百又一年の初明り/下村ひろし

ころ柿も一年ぶりや淡路島/正岡子規

一年を一表にして事務納/野田ゆたか

俳句莫迦通す一年亦過ぎて/高澤良一

物価高の一年杉箸割り損ず/高澤良一

一年に一度横川の炉に会す/久米幸叢

水鳥に水の一年明けにけり/高澤良一

一年に千日草の名を貰ふ/吉村ひさ志

一年を平家と決めて読み始/田中幸子

一年の始めの気息もて起床/高澤良一

一年の事今にある綿衣かな/正岡子規

一年を封ずる糊をつよく引く/桂信子

朽ち臼に又一年や合歓の花/西山泊雲

極月や一日が一年母の老ひ/丹羽武正

職引いて一年経つか桐の花/高澤良一

一年の後の鷺草待ちませう/岡田史乃

一年の計は未達に十二月/友成セツ子

俳句例:41句目~

蕗のとう一年爺は病んで喃/古沢太穂

一年はゆつくり早し蜷の道/桑原三郎

一年を菊にかけたる男かな/坂本ひろし

一年は正月に一生ハ今にあり/正岡子規

住むやうになつて一年蚊食鳥/高木晴子

定年まであと一年の外套着る/福島壺春

施餓鬼寺一年の老持ちよれり/毛塚静枝

日向ぼこめく一年がもう仕舞/高澤良一

松とりてまた一年を暮らすかな/龍岡晋

桜また散るに一年かかります/池田澄子

生きて会ふ地震一年の臘梅に/五十嵐櫻

ちよろぎ赤し一年の計箸先に/加古宗也

のどかさや一年ごしの橋普請/正岡子規

一年の短さをいひ柚子湯かな/岩井善子

職引きし年も詰りてやれ一年/高澤良一

一年の寺の維持費の炭を焼く/西沢破風

一年の梦さめかゝる寒さかな/正岡子規

一年の計の揺るぎし四日かな/岸間光女

一年を壺に古りたる破魔矢かな/上野泰

鰤の口この一年をしめくくる/高澤良一

俳句例:61句目~

一年の計まとまらぬ屠蘇の酔/田中こずゑ

松過ぎて一年の計立てにけり/松本文一郎

原松原きつねの一年晴れている/阿部完市

梅いまだし紀元一年の日ぞ赫ふ/渡邊水巴

一年が一と日のやうに過ぎて花/岩岡中正

煮られ叩かれ漉かれ楮の一年芽/平井照敏

一年を無事でくらせし福茶かな/川上梨屋

一年をこの一日に散るさくら/今井千鶴子

麦飯ににはとりの飛ぶ一年一年/浅井一邦

山河また一年経たり田を植うる/相馬遷子

手術して一年経つかビール注ぐ/高澤良一

手術などそんなこんなの一年で/高澤良一

一年坊主道草を食ふこと知らず/栗生純夫

一年を経し句碑までの落葉踏む/横山房子

除夜の闇わが一年も積りゐむ/沢田しげる

頭上をば又一年が駆け抜けし/相生垣瓜人

一年の重荷おろせし袷かな/久保田万太郎

まざ~と一年たちし月に佇つ/久保田万太郎

抱籠や一年ぶりの中直り/来山「葉久母里」

一年の計にピーナツの皮がちらばる/池田澄子

俳句例:81句目~

一年に二句は母の句カーネーション/山本青壷

焼けあとの一年たちし余寒かな/久保田万太郎

俺を振り落とさずに一年廻つた地球だ/下山逸蒼

一年のまためぐり来しおぼろかな/久保田万太郎

一年の短かかったこと地球儀さわれば廻る/瀬戸青天城

自分で水を汲むのが一年に一度秋の夕ぐれ/荻原井泉水

人間五十年に一年足らず四十九年ごとに木を継ぐ古樹オリヴは/高橋睦郎

終戦のち一年を過ぎ世をおそる生きながらへて死をもおそるる/斎藤茂吉

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました