千木を使用した俳句

千木に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

千木を含む俳句例

薄雪や力到れる千木の朱/小杉余子

初鳩や水平飛行して千木に/村山古郷

千木の松原を背に牛冷す/岡田波流夫

千木筥や母八十の膝の上/鈴木しげを

囀りや足助屋敷の千木の上/谷田部栄

蝙蝠や千木みえわかる闇の空/炭太祇

千木見ればとぶ落葉あり秋祭/皆吉爽雨

千木高き伊勢内宮の秋の蝉/中井久美子

夏草の向かふに千木の一軒家/増田甲子

夕霧らふ杜の千木うつ花の雨/加藤耕子

新酒古酒千木鰹木の構へかな/進藤一考

神還りましし宮居の千木高く/吉村けん

神還る千木勝男木の改まり/佐々木静江

霙降る千木高き辺はなほ激し/田中時江

丹の千木に山の鳩くる神の留守/邊見京子

千木屋根に咲く捩花も神の国/岡部六弥太

千木連ね丹の宮ならぶ梛若葉/下村ひろし

昼は日を反せし千木を月照らす/西宮/舞

神還る千木より雲へ乗り継ぎて/熊野鳥湖

秋風や水車小屋にも千木を置き/西本一都

俳句例:21句目~

葺替へて春宮の千木匂ふなり/松崎鉄之介

雹晴の千木にやすらふ鷹見たり/高田蝶衣

鵯谺初日は千木にのみさしぬ/加倉井秋を

千木かくす枝垂桜のさかりかな/楠目橙黄子

千木の月二三歩かへし拝みけり/小原菁々子

千木屋根に月照り山火いまは消ゆ/木村蕪城

千木筥を提げてだらだら祭かな/山崎ひさを

秋天へ千木もろともにわれきびし/佐野良太

谿に洗ひ真名井に濯ぎ千木負ふ村/加倉井秋を

タイトルとURLをコピーしました