角切を使用した俳句

角切に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

角切を含む俳句例

角切や鹿と組み合ふ奈良法師/由平

神の鹿涎流して角切らる/木田千女

祭壇は櫓の上に角切り会/鈴木青扇

角切の天に散る鵯竹矢来/古舘曹人

角切の小さき枕を草の上/小野淳子

角切の鹿追ひ詰めし土煙/中川忠治

角切られ鹿重心を失へり/大高松竹

抱き据ゑて角切る禰宜の白襷/北代汀

春日野に角切りの縄飛べりけり/林徹

角切つて月より白き鹿の尻/古館曹人

角切の休みし雨を牡鹿鳴く/中村翠湖

角切の案内貼りたる石燈籠/岡本松濱

角切の殺気を鹿の曳き走る/川端初子

角切の近し雄鹿の野性の目/山下美典

角切や牝牛のあそぶ三笠山/松瀬天浪

青垣の月に日の照る角切場/古舘曹人

勢子若し角切る鹿を横抱きに/谷中隆子

角切られ大きくなりし鹿の貌/中島畦雨

角切らる間も荒鹿の眼を瞠き/太田文萠

角切られ波音に鹿寝べきころ/菅原鬨也

俳句例:21句目~

角切会終りてゐたり竹矢来/滝沢伊代次

鹿の角切って片手に持ち運ぶ/右城暮石

鹿寄せに風の出てゐる柞かな/古舘曹人

鹿寄せの疾走親も子もあらず/八染藍子

神仏よ鹿ねぢ伏せて角切らす/百合山羽公

角切りし鹿に大木戸開きにけり/吉田七堂

角切りの幔幕勢子ら持つて張る/池田秀水

角切会終へて暮れけり神の島/冨田みのる

角切の勢子の法被のおろし立て/武藤舟村

角切らる鹿の真白き眼を見たり/永橋並木

鹿と勢子息合ひしとき角切らる/藤本朝海

角切られたる鹿今宵如何に寝る/津田清子

青野に吹く鹿寄せ喇叭貸し給え/西東三鬼

恋すてふ角切られけり奈良の鹿/小林一茶

落つ角の光りて白しあはれとも/原コウ子

角切られ鹿は虚空を踏みにけり/山田弘子

鹿寄せの笛がきこえて寝鹿立つ/鈴木芳如

鹿寄せの鹿帰りゆく鳴きながら/高浜虚子

角切や鹿に追はるる勢子もあり/津川万千代

角切りし鹿のたかぶりをさまらず/高橋蛍籠

俳句例:41句目~

角切りの切り口にあるひと世かな/村井一声

鹿寄せの笛まだ鳴らず秋の暮/長谷川かな女

角切りの勢子の四五人引きずられ/池谷/陶

鹿寄せの喇叭みだりに吹かぬなり/後藤比奈夫

タイトルとURLをコピーしました