郡を使用した俳句

郡に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

郡を含む俳句例

薺の國響郡の爼村/高澤良一

立雨零行方郡に葵百茎/林桂

葛飾の郡はなれし花の雲/杉風

山道も吾妻郡葛の花/清崎敏郎

八郡の空の霞や御忌の鐘/召波

名月や宮城郡の松島寺/橋本夢道

法隆寺裏の平郡の時鳥/京極杞陽

枕丁や風塵つねの多摩郡/有働亨

枯菊を焚きし青空国東郡/穴井太

稲の花大和郡の首飾り/丸山嵐人

宇陀郡室生村蝶生れけり/安住敦

一拍子たまの郡の玉霰/加藤郁乎

安房四郡鋸山の裾野哉/正岡子規

生身魂信夫郡は父が国/村松/堅

蛙鳴く風も行方郡かな/勝又一透

雪しまく沼郡自在鉤/文挟夫佐恵

蓮咲くや沼郡水あふれ/堀口星眠

六郡を稲妻すなり草枕/石井露月

千葉県海上郡初日かな/小杉余子

角立てて兜虫飛ぶ吉野郡/茨木和生

俳句例:21句目~

栃木県那須郡大字雪解村/鈴木鷹夫

西近江高島の郡冬座敷/波多野爽波

水広き筑波郡の田螺かな/小杉余子

新田郡冬の野菜は萌黄色/角川照子

三十ケ村一郡の鯖火かな/河原白朝

丹波の国桑田の郡氷室山/高浜虚子

藁塚のぽつんと入間郡かな/嶺治雄

杉花粉日和宇陀郡吉野郡/茨木和生

刀豆の空澄む宮城郡かな/野木桃花

大根の青首がぬと宇陀郡/大石悦子

痩せ向日葵一島一郡一村よ/楠節子

畦豆の葉に秋風や氷上郡/沢木欣一

更級の郡なぐさめ寒の月/渡辺重昭

高麗郡蝉の松山高からず/荒井正隆

川もまた田植濁りや養父郡/森澄雄

近道を覚えて涼し宇陀郡/大石悦子

阿武隈や五十四郡のおとし水/蕪村

空蝉を拾ひぬ風の秩父郡/鈴木鷹夫

みちのくの伊達の郡の春田かな/風生

二戸郡一戸出ル町霧ながら/阿部完市

俳句例:41句目~

冬海のかなた日当る八束郡/木村蕪城

夜枕の蕎麦殻すさぶ郡かな/三橋敏雄

大根引けり練馬の郡みよしのや/洞雨

成木責大里郡いまもあり/田中午次郎

日田郡一村のこれ山葵漬/天領杉太郎

日高郡字鐘巻の穴まどひ/文挟夫佐恵

星詩なきあとの郡や寒返る/飯田蛇笏

春泥が板戸にとんで吾妻郡/鈴木鷹夫

賀茂郡河津の庄に山焼く火/石塚友二

此の川はうるかの郡みよし野や/言水

満面に桃の花濃き伊達郡/増田ヨシ子

火の見高う碓氷郡や冬の山/小澤碧童

盆唄や月の出はなの与謝郡/大石悦子

神奈川県足柄郡の曼珠沙華/池田秀水

稲刈られ行方郡あらはなり/大井戸辿

花びらの吹き入る電車多摩郡/及川貞

いざよひもまだ更科の郡哉/松尾芭蕉

郡長の来て歩きけり下り簗/前田普羅

さるすべり美しかりし與謝郡/森澄雄

ふかぶかと越後蒲原郡の鵙/広瀬直人

俳句例:61句目~

背に吹くや五十四郡の秋の風/正岡子規

久良岐郡蒔田村辺のむめの花/高澤良一

二毛田に幟のゆれる土佐郡/河野としを

山茶花や花の月日の宇陀郡/針ケ谷里三

古志郡餅間よりの手紙かな/小枝秀穂女

なのはなのあと畦塗の安房郡/大屋達治

母在れば泣いて草摘む郡かな/鳴戸奈菜

種豚のうすべにあはれ宍粟郡/塚本邦雄

愛知郡長久手町の雲雀かな/高橋三柿楼

水内郡くるみ花房呪のごとし/宮坂静生

子を連れて昔出てゆく郡かな/攝津幸彦

軒菖蒲飛ばす風雨や与謝郡/服部鹿頭矢

連翹に唾して窓の郡守かな/楠目橙黄子

郡稲棒一揆のごとく雨に佇つ/巌谷小波

海上郡花野の続き海がある/安良岡幹夫

梅雨雲を日矢躍り出づ信夫郡/杉山岳陽

雁やその名ほろばむ美濃郡/島田百日紅

棒稲架の何を合議ぞ伊達郡/草浦しづ子

父と子と西宇和郡のなまこ噛む/坪内稔典

乙訓郡筍売りのメゾ/ソプラノ/塚本邦雄

俳句例:81句目~

巖楯に胡麻咲かせ能登珠洲郡/能村登四郎

庵原郡興津町とや注連の内/久保田万太郎

田を植ゑてわが佐久郡水ゆたか/相馬遷子

室いでし独活の初荷も多摩郡/柳原佳世子

桃咲くとわが影濃しや多摩郡/鳥居おさむ

夏雲に行方郡も岬なす/高野素十「雪片」

和賀郡見下ろす観音木の芽風/松岡志津花

時雨るるや佐久の郡の片ほとり/佐藤春夫

飛ぶごとく宇陀郡過ぐる時雨雲/茨木和生

飛騨郡暮れてのひらの一位の実/小室善弘

馬車がくる行方郡があらわれる/阿部完市

佐久の郡ものの音なく冬に入る/前田普羅

花菜散る糟屋郡をたもとほり/竹下しづの女

宇陀郡は月光の捨て場蚯蚓鳴く/河原枇杷男

萍や水より明けし利根郡/皆川盤水「寒靄」

茶の花や野づかさつゞき多摩郡/水原秋櫻子

「母ちゃん」と呼ぶならはしは徳島県麻植郡川島町に生まれて/吉岡生夫

タイトルとURLをコピーしました