夕波を使用した俳句

夕波に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕波を含む俳句例

夕波の畳む岬や轡虫/風間/淑

夕波の船に聞ゆる薺かな/孤屋

岩肌を洗ふ夕波冬の雁/前野泉

栗の花夕波ちから収めつつ/朔多恭

夕浪や鯖釣舟の行やまず/尾崎紅葉

高倉に夕波高き帰燕舞ふ/脇本星浪

立ちそめて夕波蒼し鱸舟/和田祥子

夕波の尖り始めし先帝会/百瀬美津

鴨一羽離れて潟の夕波に/本岡歌子

夕波に手綱遊ばせ牛冷す/三浦正治

水鳥や安房夕浪に横たはる/秋櫻子

川幅に夕波満ちぬ花吹雪/橋本榮治

夕波のいつもこの音月見草/鈴木功

夕浪は忘却のいろ雁渡る/柴田白葉女

夕浪や鯖釣る舟の行止まず/尾崎紅葉

白鳥に夕波荒くなりにけり/奥田紫峰

宮島や春の夕波うねり来る/正岡子規

水鳥に夕波荒くなりて来し/浜田一枝

涼しさや夕波くゞる大鳥居/正岡子規

祭果て巨き夕浪立ちにけり/高澤良一

俳句例:21句目~

秋の虹二川夕浪たてにけり/臼田亞浪

籾筵夕波ひとをしづかにす/友岡子郷

耶蘇島の夕波しづむ月見草/正林白牛

背泳ぎの父夕波に顔越され/宇佐美目

夕波のしらじらとある単帯/根岸善雄

鳥渡り夕波尖りそめしかな/勝又一透

夕波の鴎見てをり氷菓売/古賀まり子

水門に夕波寄する針まつり/角川春樹

夕浪に店ともりけり炭問屋/増田龍雨

さみだれの夕波鳥やかいつむり/森澄雄

夕浪の無情に高き葭簀小屋/百合山羽公

セル着れば夕浪袖に通ふなる/久米正雄

夕波を追ふ目きびしき網代守/白井爽風

人去つて三日の夕浪しづかなり/大江丸

北上川に夕浪の立つ端午かな/大石悦子

夕濤の窟にとどろく雉子の声/古舘曹人

夕波に見えがくれする鴨のあり/上村占

軽鳧の子に濠の夕波やや荒し/清水素生

霞冷えて湖の夕浪えりを打つ/渡邊水巴

青蘆に夕浪かくれゆきにけり/松藤夏山

俳句例:41句目~

風寒う夕波千鳥鳴きにけり/高橋淡路女

夕波の見えて淋しき遍路かな/桜木俊晃

夕浪の皺腕に掻く荒布かな/島村元句集

産卵のいもり夕波立ててをり/三原蛙子

田沢湖の夕波漣濃きさくら/金子蛙次郎

舟夕浪に揺らるゝ風の桜かな/尾崎紅葉

夕波の無情に高き葭簀小屋/百合山羽公

夕波の上のつばめの矢数果つ/友岡子郷

すゞしさや須磨の夕波横うねり/正岡子規

夕波にまぎるる鳰のかなしけれ/中村汀女

夕波のえり簀をくぐるひとうねり/岡本眸

夕波のひびき戸を打つ遍路宿/田守としを

白南風の夕浪高うなりにけり/芥川龍之介

夕波や牡蠣に老いたる船の腹/芥川龍之介

夕波の一つひとつに鴨ゐたる/八木林之介

岸釣の夕波の糸となりにけり/長谷川春草

プールにも夕波の立ち初めにけり/西村和子

夕波に駆けて仔馬よ避暑期去る/小野恵美子

夕波のあつまつて来る露台かな/園田筑紫郎

静岡より私をいんどにながす夕波/阿部完市

俳句例:61句目~

百舌鳥鳴くや夕波立ちし渡船場/長谷川草洲

大乳房ゆるるまで海女の浪うてる/柴田白葉女

島もかならずいのちなりけり夕波、冬/阿部完市

タイトルとURLをコピーしました