頬杖を使用した俳句

頬杖に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

頬杖を含む俳句例

頬杖やお伽の山の遠霞/桂信子

考える人の頬杖青嵐/中村星児

頬杖に雨音ばかり春隣/森澄雄

頬杖や心よそなる炭をつぐ/忍月

春興や頬杖ついて海の上/岸田稚

頬杖の鉄扇いたし時鳥/正岡子規

大正の手枕頬杖蚤の市/攝津幸彦

頬杖の石仏のまへ蟻地獄/宮原双馨

頬杖の手のひら熱し鉦叩/須田保子

頬杖のゑくぼ忘れむ夏氷/加藤楸邨

頬杖に逆白波の繚乱と/高野ムツオ

秋の昼頬杖ついて勤務中/岩城久治

家計簿の妻の頬杖花楝/柴田美代子

秋惜しむ啄木像は頬杖を/川元安子

頬杖のやがてもの食ふ春の暮/繁子

鶲見る頬杖の刻移りつゝ/福島閑子

頬杖をつけば夏山眉の上/山口青邨

頬杖をついて淋しや夕蛙/青山冬至

頬杖や鳥雲にまた鳥雲に/細川加賀

頬杖に睡魔をあつめ十二月/雨宮抱星

俳句例:21句目~

頬杖の何を見てゐる冬銀河/加藤楸邨

かの池のかの敗荷よ頬杖よ/池田澄子

頬杖に顔ひとつのる隙間風/稲井優樹

頬杖のおのづと伏目鉦叩/稲垣きくの

一本で足りぬ頬杖昼ちちろ/清水衣子

頬杖のさきのむらさき靱草/中村祐子

頬杖のとけずなりをり秋の暮/齋藤玄

頬杖の位置替へて見る金玉/岡本京子

少年の頬杖春のすぎてゆく/佐川広治

尺蠖を見る頬杖を子も真似ぶ/西垣脩

山茶花の門に頬杖下足番/大久保橙青

頬杖の指のつめたき夕野分/高柳重信

頬杖の杖をはづして鳥帰る/伊藤敦子

日ざし背に頬杖つけば春隣/大橋敦子

頬杖の盲点の蚊をそだており/内田啓

頬杖の頬冷えてやむ白昼夢/仙田洋子

春潮を見る頬杖を巖につき/富安風生

頬杖や唐子の遊ぶ夏火鉢/大木あまり

頬杖をついていつまで鯊の潮/岸田稚

頬杖をついて遅日の机かな/吉屋信子

俳句例:41句目~

頬杖をつきて一人や置炬燵/小山ため

頬杖をとけば秋風胸を剥ぐ/石原八束

鶲見る頬杖の刻うつりつゝ/富安風生

童女ゐて頬杖をして涅槃像/後藤夜半

頬杖に深き秋思の観世音/高橋淡路女

子の頬杖父の手枕うまごやし/鷹羽狩行

頬杖をやめてしばらく虫の闇/仙田洋子

しろじろと頬杖たてぬ梅雨安居/赤松子

頬杖の目に冬の橋馴染みたり/鳴戸奈菜

冬夕焼頬杖をもうはづさねば/鈴木鷹夫

頬杖に猫の声くる遅日かな/斎藤優二郎

母思う二月の空に頬杖し/長谷川かな女

頬杖といふ憩ひあり天澄める/栗山恵子

振りてみし山繭を見て頬杖す/加藤楸邨

日向ぼこ頬杖といふ杖もあり/村越化石

春昼や頬杖つきて船の窓/長谷川かな女

頬杖を解く冬至粥食はんため/佐藤鬼房

蟇穴にわれは頬杖してゐたり/栗林千津

母思ふ二月の空に頬杖し/長谷川かな女

頬杖の蝶よ花よと気が急きぬ/池田澄子

俳句例:61句目~

頬杖のだんまりまなこ残る虫/小出秋光

頬杖や遠くを花の過ぎてゆく/村越化石

頬杖の頬や痩けたり松風忌/星野麦丘人

風船虫子も頬杖をつきて見る/栗原米作

舟べりに頬杖ついて月見かな/山口青邨

黄落や頬杖はピザ焼けるまで/広渡詩乃

気が付けば頬杖癖も四日かな/小檜山繁子

海市この頬杖くぐるおもかげや/加藤郁乎

頬杖のねむるともなしリラの花/中山良章

頬杖に日暮れの雪となりにけり/澤村昭代

頬杖ながし青林檎ひとつ置き/加藤知世子

遠い藻刈へいま頬杖を降りて/矢野千代子

頬杖をあつめる午後の芥子咲いて/穴井太

頬杖という杖ふくよかに沙羅の花/澁谷道

頬杖の君おもふあした露を寒み/角田竹冷

頬杖の太宰ふところ手の清張/矢野ヒ口子

頬杖にペンを遊ばす黒セーター/金井/栞

頬杖を秋思と見られゐたりけり/大石悦子

頬杖を穿つしぐれの気脈かな/増田まさみ

なんばんぎせる頬杖をつき損じ/柿本多映

俳句例:81句目~

十六夜の頬杖似合ふをんなかな/谷口桂子

意に満たぬときの頬杖桃ふとる/田中裕明

頬杖をとけばどの木も葉をおとす/長谷川双

い寝るべき頬杖とかむ霧のおと/稲垣きくの

頬杖仏何か言ひさう茶が咲いて/加藤知世子

頬杖のしびれてきたりみそさざい/大石悦子

頬杖も大事なる日やシクラメン/小檜山繁子

頬杖におもたい私の顔が考へる事/栗林一石路

虫夜のお前の頬杖の顔が歪んでゐる/大橋裸木

百合の根を土にあづけし夜の頬杖/千代田葛彦

時の日の頬杖をつく男の子/わたなべじゅんこ

頬杖にツーツージュルルツ柄長来る/田口満代子

いちにちは頬杖をつくキリマンジャロ/中村美津江

斑鳩きてぽぽうと鳴けば幾時代過ぎたるならむ頬づゑをとく/川野里子

タイトルとURLをコピーしました