博物館を使用した俳句

博物館に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

博物館を含む俳句例

葉桜や一宙劃る仏の手/槐太

節分や博物館の日本刀/福島壺春

春浅き門黄昏れて博物館/島田青峰

鳥渡る博物館の林かな/河東碧梧桐

はつとする博物館や木下闇/正岡子規

ミイラ展混む春陰の博物館/宮本正義

博物館門牌はづす秋の暮/佐野青陽人

花時の博物館をのぞきけり/青木月斗

博物館明治村帝国ホテルの水馬/的野雄

東京國立博物館の野蒜食ぶ/佐々木六戈

雪霏々と博物館をいそぎ見て/京極杞陽

阿片そこにくらく乾いて博物館/伊丹公子

さみしさにときどき人吸う博物館/仲上隆夫

博物館で触れたカヌーの木の温度/伊丹公子

雪を来て奈良博物館に入りにけり/野村喜舟

あたたかき春のはだれは今日ひと日博物館の芝にのこりぬ/清水房雄

タイトルとURLをコピーしました