夕映えを使用した俳句

夕映えに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕映えを含む俳句例

夕映えの一村囲む桑若葉/桂信子

檐近き夕映空や鳥帰る/寺田寅彦

雄阿寒に長き夕映え洗鯉/奈良文夫

鹽竃は夕立すらん沖夕映/寺田寅彦

かいつぶり人は夕映着て帰る/林翔

夕映えの遠き焚火は地の吐息/林翔

夏山の萱の刈あと夕映えぬ/瀧春一

夕映に何の水輪や冬紅葉/渡辺水巴

金色の夕映え鶴を呼びもどす/原裕

夕映えや茂みの漏るる川の跡/丈草

豆畑に吸筒ぬるみ夕映す/寺田寅彦

夕映の蚊柱の胴緊めがたし/澁谷道

豊年や夕映に新聞を読み/加畑吉男

箒木の茫々として夕映えぬ/杉山岳陽

秋夕映の海より来たり鮃の死/森澄雄

麦枯れて鮎の水上夕映えぬ/石原舟月

山々の夕映のくるスキー場/京極杞陽

寒林讃根元根元で濃き夕映/香西照雄

夕映のしばらく倚るは冬襖/角川源義

花明り夕映の黄が退りつつ/香西照雄

俳句例:21句目~

玉葱にとまる金蝿夕映えて/岸本尚毅

菜の花や夕映えの顔物をいふ/草田男

蟹あゆむ刈展べ若布夕映えて/金子潮

夕映えは水に流れて凌霄花/川崎展宏

地に子供春の夕映母のごとし/三谷昭

賞与月疲れざる顔夕映えよ/香西照雄

夕映の残る虫より淡くして/相馬遷子

方舟に乗せむ夕映え色の鮭/櫂未知子

夕映の端からくづすかき氷/鎌倉佐弓

秋の雨からりと晴れて夕映す/寺田寅彦

なめくぢも夕映えてをり葱の先/飴山實

父の日の河口バツハの夕映よ/熊谷愛子

渡り蟹いろの夕映え額染めて/高澤良一

海中の真珠におちて夏夕映え/和知喜八

冬泉夕映うつすことながし/柴田白葉女

橇を曳く子の丹の頬よ夕映よ/中島斌男

地の涯に夕映ありぬ青すゝき/堀口星眠

夕映えて不作の稲に空やさし/相馬遷子

夕映えを延ばしてをりぬ春渚/今井誠人

夕映や沙魚釣もどる土堤の上/寺田寅彦

俳句例:41句目~

時雨虹かけし浅間嶺夕映える/安藤衛門

萩束ね山夕映えとなりにけり/関戸靖子

軍鶏乳み蕗絮とびて夕映えぬ/飯田蛇笏

夕映えに一人づつおく夏帽子/有泉公子

雲のみに夕映えのこる水芭蕉/中村信一

驟雨過の道の夕映え明日香村/奈良文夫

裏梅も見えて夕映ゆ老木かな/渡邊水巴

林檎もぐ夕映えの八ケ岳真向に/柳清子

独活の実や雲の夕映身に染まず/渡邊水巴

甘蔗刈る夕映えなかき海を背に/井関昌子

胡頽夕映えまづ仔がのぞく厩口/矢島房利

かげろふの命微塵に夕映えて/高橋たか子

公魚舟つぎつぎ蛻き夕映えぬ/千代田葛彦

初袷夕映ゆる樹を押して見たり/中島月笠

夏老いし夕映うつる鏡かな/久保田万太郎

夕映えてうつせみに踏む寒浄土/相馬遷子

夕映えて夜の影持てる枯木かな/鈴木花蓑

夕映えて海女とらへをり新茶売/石田波郷

夕映えて雪の奥嶺のあぶり出し/堀口星眠

夕映えに向つて泳ぐ一人かも/文挟夫佐恵

俳句例:61句目~

夕映えの空に海月ののぼる見え/仙田洋子

芥子咲くやけふの心の夕映に/水原秋櫻子

夕映えをもつともまとひ諸子売/石田勝彦

夕映と灯にしづもりぬ蝌蚪の水/久米正雄

飛魚干して夕映ながし廓あと/北見さとる

優曇華やかく夕映えの我家にも/杉山岳陽

鯛よ潮どき夕映えはふるえるもの/渋谷道

鳳凰の夕映えしづむかきつばた/桂樟蹊子

婆のよだれは自然夕映えの喉に/大沼正明

夕映えの雲より生れし鶴の棹/今井つる女

花南瓜夕映遠くなりにけり/五十崎古郷句集

夕映えのはげしき雛をかざりけり/石田郷子

夕映えを長びかせをりブラシの花/高澤良一

夕映の赤土すみれも濃くなりしよ/香西照雄

しかすがに梅雨の夕映え行々子/鈴鹿野風呂

寒き夕映え被爆ドームを宙にして/岸風三楼

こころ燃ゆ夕映え燃ゆる束の間は/三橋鷹女

秋夕映えの真顔ばかりが揺られをり/森澄雄

あめんぼう夕映さめて散りにけり/水野草坡

秋茄子や峡の夕映え地には来ず/馬場移公子

俳句例:81句目~

あぢさしに夕映え雲や戎克泊つ/千代田葛彦

鶴わたるかぎり夕映消えまじく/水田のぶほ

夕映えの淵おそろしやかたつむり/飯田龍太

刈田の夕映え車窓に躍り眠くなる/田川飛旅子

今年より子が植ゑし田よ夕映えて/田辺キヨ子

モンローも死ぬ夕映えの木蔭の湯/八木三日女

夕映えの中に揺るるは祖母と紫蘇/田口満代子

夕映えのオホーツクを背に魚箱うつ/福田甲子雄

風呼ぶ夕映え花菜は金の環浮かべ浮かべ/古沢太穂

一本が一本としてきわだてる雑木林の夕映えのとき/沖ななも

鼻の差に敗れたる馬いつまでも夕映えのなか戻りきたらず/小高賢

夕映えにひそまりしのちふかき闇引寄せて闇にかがやける樹よ/新井貞子

タイトルとURLをコピーしました