極楽を使用した俳句

極楽に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

極楽を含む俳句例

極楽の近道いくつ寒念佛/蕪村

極楽は赤い蓮に女かな/正岡子規

極楽寺百日紅の夢見時/高澤良一

極楽をでてきてしまう蟇/松澤昭

極楽も陸続きなる麦埃/桑原三郎

極楽のちか道いくつ寒念仏/蕪村

蜩や堂に地獄図極楽図/石田麦水

文学に地獄極楽桜桃忌/山田弘子

苔を敷き往生極楽院涼し/轡田進

極楽寺裏に干す竹の春/広瀬千鶴

さて極楽は道一つ幅は一尺/野田誠

極楽中心中山寺月冴えし/中島陽華

極楽の道へ迷ふや蓮華草/正岡子規

極楽は衣も更へず仏だち/正岡子規

極楽の蓮華や唄ふ蛙かな/野村喜舟

仔燕に往生極楽院の天/山田みづえ

先生が極楽といふ花の下/藤崎久を

極楽や清水の中に蓮の花/正岡子規

吊し柿貧しき寺の極楽図/渋谷光枝

風薫る極楽寺坂海に尽く/新福ふく

俳句例:21句目~

頭の中の地獄極楽牡丹雪/藤田湘子

極楽や君が行く頃梅の花/正岡子規

寒茜極楽いろに鴨千羽/柴田白葉女

遅桜極楽水と申しけり/芥川龍之介

極楽へゆきし誰彼牡丹雪/村越化石

極楽は蓮の実飛で月丸し/子規句集

深閑と南無極楽寺郁子の花/山村政子

猿酒や部屋に地獄図極楽図/甲斐遊糸

生簀鮎地獄極楽うごめける/松村多美

どやどやの極楽門に冬夕焼/田中英子

百日紅盛りなりいざ極楽寺/高澤良一

紫薇花下に極楽おもへとや/高澤良一

菩提樹の花盛りなる極楽寺/田村恵子

蒲団敷く地獄極楽絵図のまヘ/辻桃子

蓮の葉に極楽水を裹み来ぬ/尾崎紅葉

嚏一つ極楽坊にこぼしけり/清水利子

囀るや裏手より入る極楽寺/小林鱒一

大花火極楽寺坂の真ん上に/横井博行

日向ぼこ死後の極楽疑はず/田中政子

春雪や極楽にまた泣く母か/今瀬剛一

俳句例:41句目~

月の下極楽寺坂下り海へ/大場白水郎

棕櫚の花極楽寺坂本降りに/藤田弥生

極楽か地獄か冬の昼を寝て/鈴木鷹夫

極楽が見ゆと蝙蝠乱舞せり/鈴木蒼穹

極楽に行く人送る花野かな/永井荷風

極楽の島つ岩根の初日の出/坪内逍遥

極楽の文学と別河童の忌/阿波野青畝

極楽の文学なりし蝶を見る/京極杞陽

極楽の近道こゝか曼珠沙華/大谷句佛

極楽の入り□で覚め春炬燵/香川せき

極楽は何もしらねと花御堂/正岡子規

極楽へ迷ひこんたり蓮華草/正岡子規

極楽へ風船逃れゆきにけり/正圓青灯

極楽坊にて住職の毛糸帽/藤田あけ烏

極楽寺行きの発車や涼あらた/芹山桂

水底の極楽冬に入りにけり/清水基吉

九十五齢とは後生極楽春の風/富安風生

しやぼん玉極楽の色きはまれり/芹山桂

蓮咲いてその極楽のあまり風/庄司節子

黄落やひとの木戸ある極楽寺/桂樟蹊子

俳句例:61句目~

極楽の風涅槃図に吹いてをり/小林一鳥

極楽はこの世にありて日向ぼこ/森輪花

冷し馬極楽づらをならべたり/三村哲田

極楽と母の眼あけし火鉢かな/河野静雲

落葉掻き極楽へ父着きたるや/宮坂静生

荒れ寺の名は極楽よ蛇住めり/宮津昭彦

極楽の雨やにんにく花ざかり/宮坂静生

春の雲夕べ極楽いろさしぬ/柴田白葉女

竿竹売り極楽寺坂松過ぎて/下山田美江

極楽の夢見て覚むる夜長かな/折井愚哉

曼陀羅の地獄極楽しぐれたり/細見綾子

極楽へ肘膝ついて笑いにゆく/四ッ谷龍

極楽もかくやと思ふ小春かな/杉村凡栽

渡仏して極楽浄土の雨に逢ふ/攝津幸彦

虚子の忌の極楽行の人ばかり/坊城俊樹

島の御池海女の極楽雲映す/加倉井秋を

誰からとなく極楽ね盆花火/紺野佐智子

山の日の極楽いろに鴉の子/柴田白葉女

野蒜摘み極楽といふ寺めざす/山田春生

噂では知ってます極楽の蓮華/池田澄子

俳句例:81句目~

まんさくや極楽寺坂なだらかに/吉田未灰

極楽の御判つめたくやごとなく/西本一都

路地一つ替へて花咲く極楽寺/古賀まり子

からだぢゅう竹の花咲く極楽や/豊口陽子

極楽とおもふまで雪ふるを見る/中杉隆世

青蚊帳に寝て極楽へひとっ跳び/小出秋光

風のなき日は極楽と牡蛎を割る/浜川穂仙

すゞしさや垣のとなりは極楽寺/松岡青蘿

湯あがりの極楽浄土虫浄土/阿部みどり女

極楽へ蓮の実飛んでしまひけり/星野麥丘人

極楽をわらふ生徒ら花あしび/鍵和田ゆう子

朝寝していま極楽にゐたりけり/片山鶏頭子

地獄極楽見て来し貌のなめくぢり/藤岡筑邨

根は切れて極楽にあり枯尾ばな枯尾花/千代尼

ぽんぽんだりあ極楽なんぞ信じない/塚越美子

極楽坊より書信着き凌宵花盛り/長谷川かな女

極楽のすこしづつ減るアイスキャンディ/松山足羽

君地獄へわれ極楽へ青あらし/高山れおな「ウルトラ」

青蚊帳に寝て極楽へ一つ飛び/小出秋光「一日仕切り」

タイトルとURLをコピーしました