餉を使用した俳句

餉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

餉を含む俳句例

餉にからき涙やとうがらし/蕪村

空蝉を指にすがらせ餉の祷り/子郷

霧の村卵ひらきて男の餉/宮坂静生

父遠く山鳩の声母子の餉/中山純子

麦の穂や畦に並んで午餉人/島田青峰

哀歓を遠くに猫と餉を頒つ/木村藍子

冷汁や禰宜に振舞ふ午餉時/井上井月

淡白な煮付を好み短夜の餉/富田潮児

燭もえて僧短日の餉に興ず/飯田蛇笏

峯の茶屋に壯士餉す若葉哉/蕪村遺稿

短日の護送囚人餉につけり/飯田蛇笏

稗蒔を見つゝ妹と午餉かな/渡辺水巴

花栗の香の体臭に女囚の餉/宮武寒々

雁風呂や旅の餉にあるの目/小鳥幸男

餉のあとの顔ゆるびをり青瓢/森澄雄

餉艮のおとなしさうな瓜の馬/杉良介

春の雪吾子の恋人餉に加へ/田中純子

寒卵割る音異にふたりの餉/上柿照代

秋袷襟のさみしき餉につけり/石原八束

金風や若狭の旅の餉鯛づくし/北野民夫

俳句例:21句目~

蓮如忌や山家の餉さまざまに/増田龍雨

秋寒う日常の餉につきにけり/飯田蛇笏

たがやして社の花に午餉かな/飯田蛇笏

宿直の餉の一塊を蟇に置く/米沢吾亦紅

川涼し童女ひとりを餉に加へ/斎藤梅子

盆の餉の紅を散らせし北寄飯/茂里正治

当直医遅き餉をとり花火の夜/馬場駿吉

早乙女の袂ほどきし書餉かな/高濱朋子

寒卵割りひとり旅ひとりの餉/大橋敦子

晒しをく一餉のわらび近江より/上村占

崖下に冬の灯が満ち司祭の餉/友岡子郷

岩茸や鮎やちちぶの夕べの餉/荒井正隆

陵守の父に秋分の餉がとどく/松村蒼石

零余子飯むしろ奢りの餉と思ふ/瀧春一

はる風を藪からはこび母子の餉/中山純子

もの書くも餉もひとつ卓女郎花/斎藤道子

春夜子に妻を奪はれひとりの餉/福永耕二

三たびの餉けふうまかりし桐の花/森澄雄

初午やまことしやかに供餉の/水原秋桜子

厳冬の僧餉をとりて歯をみせず/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

曳売雑貨屋石焼芋を餉としたり/鈴木栄子

壁墜ちし虫歩き出す独りの餉/中戸川朝人

夕闇の暑のさめやすき少女の餉/石原八束

大根煮やタ餉の病舎さざめきて/石田波郷

妻や子と梅雨は愉しゑ餉に睦む/西島麦南

宿の餉にけとばしの出て紅葉季/高澤良一

麦刈の餉としらるるも遥かかな/飯田龍太

川舟の午餉もやひや山さくら/楠目橙黄子

松過ぎし勤労の餉にたんのうす/西島麦南

雨の日や目刺の匂ふひとりの餉/大出寿子

農の餉の花菜あかりに燈があはれ/森澄雄

亀の手といふ貝が出て涼しき餉/高澤良一

そこの芹摘んで午餉や水いらず/清水基吉

春暖の燭餉をてらすかしまたち/飯田蛇笏

餉のあとの旅はさみしき水あふひ/森澄雄

餉をつぐる家ぬち暗く日向ぼこ/西島麦南

浅蜊汁殻ふれ合ふもひとりの餉/永方裕子

犬ふぐり朝の餉に下駄鳴らしゆく/巌谷小波

寒夜の餉とろりと烏賊の黒づくり/北野民夫

寒むや嫗いつしんに野良猫の餉を/松村蒼石

俳句例:61句目~

この渓の鮎落ちつくし餉にも見ず/皆吉爽雨

麦秋の餉や腹ふくるものばかり/波多野爽波

灯をかざる煙突ぶだうを餉に加ふ/友岡子郷

揉瓜のひとにぎりにて独りの餉/鷲谷七菜子

夜釣人カンテラの灯に餉をとれる/綿谷吉男

檻の鷲はづかしき餉を見られけり/宮沢健児

山の餉の余花の一樹を囲みけり/中戸川朝人

炉襖に身を寄せて待つ午餉かな/楠目橙黄子

青葉季生きて無言のひとりの餉/殿村莵絲子

秋は餉のあともくつろぐ木の実あり/森澄雄

噴水は崩れたがりて独りの餉/鍵和田ゆう子

盆の餉のさうめんのかく細きかな/石井紅洋

木の芽風厨にたたぬ手宿の餉に/平井さち子

菜の花や日向に運ぶひとりの餉/石田あき子

夜半さめてけふの和布の餉を思へり/森川暁水

餉にもどる巫女に卯浪のはるかかな/飯田龍太

和布焙つてせめて燈下の餉をゆるに/森川暁水

貰ひたるものに餉すませ菊を焚く/中戸川朝人

晩餉の灯そのまゝ虫を呼ぶ灯なり/石橋辰之助

けんちん汁温めなほして一人の餉/藤本スエ子

俳句例:81句目~

はったい粉ゆるく溶きたる一餉かな/浜口さだみ

母子の餉の皿ふれあひて梅雨めく灯/柴田白葉女

別れは会ふ日へ餉のあと白き夏河原/磯貝碧蹄館

飴玉出されて見ていた母のひとり晩餉/伊丹三樹彦

友がトマト配して孤児の餉さみしからず/平井さち子

もの言はぬ餉のならひかもエゴの花/石橋秀野「桜濃く」

毛虫もいまみどりの餉を終へ歩み初む/中村草田男「美田」

小やかなりしといへど晝の餉の罪は歯竝を涜して著し/高橋睦郎

曖昧に蓴菜すする昼の餉や薄暮家族となりゆくわれら/雨宮雅子

淨らかの餉を数ふれば飛ぶものが土に下りたち啄く塵泥/高橋睦郎

朝夕の乏しかる餉を思ふときあはれなるかなや色好みてふ/高橋睦郎

晝の餉を了へし口邊のごひたるナプキンは處女の如辱されぬ/高橋睦郎

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました