家路を使用した俳句

家路に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

家路を含む俳句例

春の暮家路に遠き人斗/蕪村

年々や家路忘れて花の春/井月

梟や森の家路の子に遠し/原柯城

隠亡の家路を照らす蛍かな/麦南

雉打て帰る家路の日は高し/蕪村

残してや家路を急ぐ鰯売/藤野古白

うかと出て家路に遠き躍かな/召波

昇給を蛙が囃す夜の家路/菖蒲あや

初句会星美しき家路かな/内藤豊子

長旅の家路近づく半夏生/吉田孤羊

酔眼の一寒燈を家路にす/石川桂郎

年々や家路忘れて年の春/井上井月

草匂ふ夜の家路や青葉木菟/星野椿

綿取りや犬を家路に追ひ帰し/蕪村

霙打つ家路見てゐる男靴/谷口桂子

雨淋し家路の螢肩に背に/木村蕪城

洗ひたる楮雫の家路かな/山田弘子

極楽鳥花抱へる家路冬北斗/斉藤智子

鴫たつや凡夫家路のいそがるる/白雄

春の星母の家より吾が家路/高木晴子

俳句例:21句目~

青饅や家路の果に家はあり/友岡子郷

月が照る家路は畦も落葉かな/及川貞

わが旅も家路をさしぬ都鳥/下村梅子

夕月夜人は家路に吾は旅に/星野立子

夕蝉や家路といふは幾曲り/鈴木鷹夫

隠亡の家路を照らす螢かな/西島麦南

木犀の香り伝ひの家路かな/高橋逸郎

夕風の白き茅花の家路あり/山田弘子

蝸牛家路を辿る子に似るか/村越化石

万緑の中へ中へと家路かな/藤野順子

夕月や家路となれば家恋し/松尾静子

秋の暮家路はいつも坂上り/山田弘子

中學生二里の家路の山紅葉/相馬遷子

螽皆居向をかふる家路かな/阿波野青畝

身ひとつの海女の家路に夏小菊/下田稔

釣瓶落し夫亡き家路急ぎけり/菊池静子

降る雪や旅人われに家路なく/山本歩禅

電球転がる枯野が家路一教師/齋藤愼爾

霧に濡れ踊子も夜の家路なる/石原舟月

ひぐらしの告るもしらぬ家路かな/宗因

俳句例:41句目~

ゆふべやや寒き家路や梨の花/相馬遷子

墓地抜けて家路へ急ぐ日短か/福田蓼汀

夕霧や家路に馬のおとなしき/西島麦南

家路のくらい飾り竹の風すぐる音/碧童

家路の娘球菜をだきて幸福に/飯田蛇笏

寒柝も街も後にす家路かな/中村草田男

師は荼毘に吾は家路に朧月/橋本美代子

弦月のかかる冬至の家路かな/川口利夫

慈善鍋余所目に急ぐ家路かな/清原枴童

家路やすらか太刀の銀を見て/友岡子郷

春めくと家路半ばにして思ふ/高澤良一

木枯を背に待つ人のなき家路/中島京子

犬も亦凍湖を渡る家路あり/青葉三角草

終に夜を家路に歸る鉢たゝき/蕪村遺稿

蝗皆居向をかふる家路かな/阿波野青畝

蝙蝠に足のもつるる家路かな/森川暁水

つゆすべる螢いくたび見し家路/松村蒼石

おぼめかす家路の宮に帽を脱る/下村槐太

じふぶきに足が覚えてゐる家路/後藤洋子

すたすたと宵闇かへる家路かな/飯田蛇笏

俳句例:61句目~

子は医師に委ね家路の霜踏めり/石塚友二

桑野明り家路ぐんぐん縮むなり/林原耒井

満月の冴えてみちびく家路あり/飯田龍太

豆撒きの夜の雪やむや家路急き/石川桂郎

橇あそび家路の雪の凍りゆく/石橋辰之助

放牛に涸れ沼を渡る家路あり/加倉井秋を

夏の星空の家路よ犬の寝そべり/小澤碧童

汐まねき夕日の家路はるかかな/友岡子郷

病む父のありての家路寒の月/深見けん二

人親しわきて家路の凍てゆるぶ/飯田蛇笏

メーデーの遂に一人の家路にて/伊丹丈蘭

師走三日月家路は誰も靄まとふ/古沢太穂

家路とは情のあるもの夕時雨/粟津松彩子

オリオン凍つ家路幾度の曲り角/齋藤愼爾

学童に雪あらたなる家路あり/石橋辰之助

オリオンに向ふ家路や凍てる夜/神田典夫

ひぐらしや急ぐ由なき家路にて/石川桂郎

家路なる御陵の鴨も引きけらし/亀井糸游

家路忘れて薫風に乗りしか妻よ/安井昌子

潮浴びし家路しだいに地の固さ/小内春邑子

俳句例:81句目~

父われが冬夜口あけ家路にあり/石橋辰之助

田植女の誰も火がまつ家路あり/福田甲子雄

異国の虫吾子居ぬ家へ家路とて/平井さち子

秋風をそびらにいそぐ家路な/竹下しづの女

草おぼろ木おぼろ家路しかと踏む/下村槐太

草枯るゝ家路の闇のあたゝかく/金尾梅の門

蚊がかほにあたる家路を疲れつつ/森川暁水

雉子うちてもどる家路の日は高し/與謝蕪村

家路の宵のぬかるを知りつつ暖冬/喜谷六花

いつもより家路の遠く風邪心地/水田むつみ

家路なる眞夜の枯野は行くべかり/山口誓子

どの道も家路とおもふげんげかな/田中裕明

麦嵐瞳をつむりてもひかる家路/藤本由美子

家路とる身に寒千鳥な鳴きぞ/飛鳥田れい無公

雉子うちてもどるや家路の日ハ高し/蕪村遺稿

夕霧に微風ながれて家路かな/飛鳥田れい無公

住み慣れしかど馴染まなく蚊の家路/石塚友二

淋しとは美しき事菫咲く家路へ/安斎櫻カイ子

たくさん雑茸を採つて戻る山みちの一つを家路とする/安斎櫻カイ子

タイトルとURLをコピーしました