太陽を使用した俳句

太陽に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

太陽を含む俳句例

太陽の黒点説や穴惑/湯浅康右

蛇ひそむ大地太陽娶る冬/原裕

太陽の太陽らしく汗も汗/塙告冬

暗い窓から太陽をさがす/山頭火

太陽の三時の色の麦畑/高澤良一

ゆく末を行く太陽と蟇/三橋鷹女

昔から太陽はあり葱畑/桑原三郎

太陽に午の衰へ除蟲菊/鷹羽狩行

敢然と太陽担ぐ蟻の列/渡辺恭子

黒猫と黒い太陽窓に嵌め/三谷昭

太陽の周辺雲雀見失ふ/津田清子

さきがけて泳ぐ太陽青筑波/原裕

太陽の傍らからぞ囀れる/中田剛

太陽の冥き天龍桜かな/橋本榮治

太陽の純白の死の桜谷/攝津幸彦

太陽の群をかくして蛭蓆/斎藤玄

太陽を蹴れば蹴鞠の蓬原/かけい

太陽へ枯芦をたつ大鴉/佐野美智

太陽に吾も埃や日向ぼこ/平赤絵

太陽の汚れを少し白日傘/檜紀代

俳句例:21句目~

太陽に黒点出来し蕪かな/原石鼎

限りある太陽一つ土筆摘む/原裕

南国の太陽微塵青葉潮/吉原文音

草清水太陽珠と冷されて/斎藤正

太陽に遠き花色花茗荷/大橋敦子

父恋し舳が砕く夏太陽/野澤節子

太陽の黒点増ゆる春の風邪/小澤實

太陽の下に夏潮蒼さ増す/大橋敦子

日光は太陽の塵蝌蚪生る/鷹羽狩行

太陽の直射怺へて万年雪/津田清子

太陽の黒点となる揚羽蝶/小島花枝

太陽の金のたてがみ青嵐/吉原文音

悴む手こする太陽赤き下/村越化石

太陽の力あるとき風光る/中村陽子

太陽の力とどめず冬の川/稲畑汀子

崖氷柱太陽もいま氷の類/辻田克巳

太陽の包み込まれし袋掛/桑田青虎

年新たなり燈台も太陽も/岸風三樓

太陽の目もとを麦は感じをり/窓秋

太陽を一つに纏め芋の露/深沢暁子

俳句例:41句目~

太陽も隙よりのぞく箱眼鏡/檜紀代

太陽も金の汗する田草取/辻田克巳

三月の太陽近し展望台/大久保白村

太陽も軌道を外れん大嚏/高澤良一

太陽の抓み出したる草青む/湯川雅

太陽へ海女の太腕鮑さげ/西東三鬼

太陽にしろがねの環春北風/森澄雄

太陽に黒穂の黒き粉が育つ/堀内薫

満目の露一粒に一太陽/山口美瑳代

水平線より太陽の初笑ひ/吉原文音

太陽に少し傷あるさくらかな/原裕

太陽のあをき炎環種おろす/中拓夫

黒点のふえし太陽鳰の上/藤田湘子

鶯や水と太陽磨かれゐつ/野澤節子

太陽は焔ひき燃ゆ羽抜鶏/山口青邨

鮭打や太陽華麗野を渡る/古舘曹人

太陽に正面きつて凍てし滝/檜紀代

正月の太陽襁褓もて翳る/山口誓子

太陽は卑弥呼の鏡栗の花/熊谷愛子

韮咲いて太陽沈む胸の奥/中島斌雄

俳句例:61句目~

露涼し太陽の面まだ平ら/川端茅舎

雫切りのぼる太陽金盞花/高澤良一

天心に太陽膝に毛糸玉/櫛原希伊子

太陽の片頬にある小六月/千原草之

金鳳花揺れ太陽と遊ぶ花/加藤絹子

太陽のころがり遊ぶ青蓮田/岡本眸

太陽は古くて立派鳥の恋/池田澄子

朝の氷が夕べの氷老太陽/西東三鬼

原爆の日の太陽の下歩く/林十九楼

太陽の白光となる揚雲雀/都筑智子

太陽が凍る時間の鷺の脚/河合凱夫

曇天の白き太陽蟻地獄/柴田白葉女

花野行く太陽の下風の中/星野立子

耳もとに太陽の私語苺摘む/堀内薫

太陽は四季咲の花砂の国/津田清子

南北の雪嶺太陽西へ行く/津田清子

萍や夏至の太陽やゝ西に/百合山羽公

太陽と鴉とあそぶ冬田かな/室積徂春

蛇穴に入る太陽は海に濡れ/佐野美智

観潮の太陽威力なくくもる/鈴木達弥

俳句例:81句目~

太陽にいづれも背き座禅草/上木彙葉

赤も黄も太陽の色薔薇盛り/和田西方

野焼く煙太陽もまた一火焔/田中灯京

雪嶺に終る太陽手は垂れて/細谷源二

雲の峯や長汀曲浦太陽の香/幸田露伴

太陽にもつとも近く朴の花/下村梅子

青空に太陽乾草の山に人/成瀬正とし

顔はみな太陽へ向け霜の人/今瀬剛一

太陽に似合ふ色着て旅は夏/稲畑汀子

髪を飾りはるかな郷の白太陽/佃悦夫

ずきずきと太陽沈む芒原/田川飛旅子

麥爛熟太陽は火の一輪車/加藤かけい

黄塵に染む太陽も球根も/百合山羽公

太陽に晒すことより根切虫/稲畑汀子

太陽に泥手あげ稲刈り進む/落合水尾

太陽に湯気あげてゐる花筵/浜渦美好

太陽に襁褓かかげて我が家とす/篠原

太陽に諸手をあげて解かれ桑/檜紀代

ほと神を灼く太陽の熊野灘/吉田紫乃

太陽に黒点地虫穴を出づ/岡本まち子

タイトルとURLをコピーしました